ホーム > 組織で探す > 農林水産部 > 水産試験場 > images > 最上丸 > 稚魚類の調査

稚魚類の調査

 

[稚魚類の調査]

ハタハタ、マダラ、キアンコウ、カレイ類、ヒラメ、タイ等稚魚の発生量を調べ、将来の資源状況がどうなるかを予測します。

調査場所:加茂沖(ハタハタ、マダラ、キアンコウ、カレイ類)、浜中沖(ヒラメ、マダイ)

稚魚調査1稚魚調査2

網入れ: 稚魚が採集できるように網目の

  細かい漁具を使います。

獲れたサンプル: 魚のほかにエビ、カニ、ゴミまで

           入ってくるので、選別するのが大変です。

 

稚魚調査3
キアンコウの稚魚
(右側の魚は5cmくらい、かわいいですね!)

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報