ホーム > 組織で探す > 商工労働観光部 > 工業戦略技術振興課(産業立地室) > 科学技術振興担当 > 科学技術奨励賞 > 第11回山形県科学技術奨励賞授与式及び特別講演等について(平成24年9月10日)

第11回山形県科学技術奨励賞授与式及び特別講演等について(平成24年9月10日)

第11回山形県科学技術奨励賞の授与式が行われました。

 この知事表彰は、科学技術に関して優れた研究成果をあげた県内の若手研究者を表彰し、研究意欲の向上を図るとともに、将来の研究者の確保に資することを目的としています。今年で11回目を迎え、受賞者には、表彰状と副賞のレリーフが知事より授与されました。 

zentai

記念撮影
 
 
後列左より、菅原(敬)氏・藤野氏・佐竹氏・江部氏・平田氏
前列左より、深澤商工労働観光部長・横山科学技術奨励賞審査委員長・菅原(哲)氏・吉村知事・関山氏・菅原(潤)氏・五十嵐研究評価委員長
 

受賞者
 
氏名:関山和秀 (せきやま かずひで)氏
所属:スパイバー株式会社 代表取締役社長
氏名:菅原潤一 (すがはら じゅんいち)氏
所属:スパイバー株式会社 取締役最高技術責任者
 
業績:合成クモ糸繊維の実用化開発
 
-受賞・発表概要はこちらからご覧になれます。-
受賞の様子1-JPGファイル44KB、48KB
概要-PDFファイル1.3MB

受賞者
 
氏名:菅原 哲也 (すがわら てつや)氏
所属:工業技術センター庄内試験場 主任専門研究員
 
業績:地域農産物の機能性成分の解明および
    商品開発支援
 
-受賞・発表概要はこちらからご覧になれます。-
受賞の様子-JPGファイル56KB
概要-PDFファイル2.6MB

副賞について
 
・レリーフはブロンズ製、楯は金山杉製。
・本県若手研究者の『いぶき』を象徴する賞にふさわしく、「いぶき」をイメージしたもの。
 中央部は、未来を切り開く「知」の核を抱きそこから溢れ出る「エネルギー」を表現し、上部は、未来に向かって伸びていく力強さを表現している。
 
デザイン:東北芸術工科大学 黒田良行氏
製  作:山形県工業技術センター
 副賞

 当日はあわせて、本県が平成23年度に実施した研究開発のうち、特に優秀な成果をおさめた研究課題の発表をおよび特別講演をおこないました。 
 

 平成23年度 山形県試験研究機関優秀研究課題発表

研究課題所属・氏名研究概要
カーボンナノチューブを用いた発砲成形体の開発
工業技術センター
主任専門研究員
佐竹 康史 
(さたけ やすふみ)
 発泡スチロールにカーボンナノチューブ(CNT)を添加して成形体を得る方法を開発した。軽量で、断熱性と緩衝性に優れた材料である樹脂発泡成形体内部に、CNTの3次元網目構造を形成させ、導電性を付加する事に伴い、新たな機能性を付与できることがわかった。 
 ○概要-PDFファイル934KB
 ○当日の様子-JPGファイル34KB
県産スギ材を活用した外構部材の開発
工業技術センター 
専門研究員 
江部 憲一
(えべ けんいち)
 山形県産スギ材を活用したサッシを開発した。建築基準法に規定される『防火設備:遮炎性能20分』の性能を実現した。枠材にスギを用い、さらに網入り補強されていない複層透明ガラスでの防火設備性能の実現は、日本初の成果である。
 ○概要-PDFファイル641KB
 ○当日の様子-JPGファイル37KB
ステンレス鋳鋼品の信頼性向上に係る技術の開発
工業技術センター 
主任専門研究員 
藤野 知樹
(ふじの ともき)
 ステンレス鋳鋼の耐食性を改善し、また、部材実体の機械的特性や金属組織を非破壊で評価する技術を確立し工業材料としての信頼性を向上が可能となった。これにより、自動車部品等における需要拡大が期待される。
 ○概要-PDFファイル433KB
 ○当日の様子-JPGファイル38KB
県産紅花を利用したニット原糸の開発
工業技術センター 
専門研究員 
平田 充弘
(ひらた みつひろ)
 羊毛糸の濃色紅花染めを達成するため、市販カチオン化剤を用い各種条件(加工剤の濃度、加工液のpH)にて改質加工、特性評価(強伸度、測色試験)を行った。得られた最適条件を元に色見本帳の作成、ニット製品の試作を行った。
 ○概要-PDFファイル1MB
 ○当日の様子-JPGファイル38KB
低炭素時代にむけて自然エネルギー利用率を最大限に高める施設栽培用ヒートポンプシステムの開発
庄内総合支庁産業経済部農業普及課産地研究室 
主任専門研究員 
菅原 敬
(すがわら けい)
 安定した運転効率係数が得られ、地中熱の他に幅広い熱源への対応が期待できる施設園芸用のクローズド型水熱源ヒートポンプシステムを開発した。オリエンタルハイブリッドユリ栽培において、冷暖房の能力を比較・評価したところ、暖房コストや炭酸ガス排出量を削減でき、品質および収量の向上につながることが明らかとなった。 
 ○概要-PDFファイル618KB
 ○当日の様子-JPGファイル38KB

 

特別講演

   平成24年度 科学技術分野における文部科学大臣表彰「若手科学者賞」受賞 落合文吾(おちあいぶんご)氏
   山形大学大学院・理工学研究科・物質化学工学専攻 准教授     
   「豊富な資源を利用する機能性材料の創製に関する研究」 
     
     ○概要-PDFファイル1.5MB
     ○当日の様子-JPGファイル39KB

 

 当日は、山形県農業総合研究センター園芸試験場において育種・栽培試験している花木を、飾花としました。
hanahana


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成24年9月21日掲載

関連情報