ホーム > 組織で探す > 商工労働観光部 > 工業戦略技術振興課(産業立地室) > 科学技術振興担当 > 科学技術奨励賞 > 第6回山形県科学技術奨励賞授与式及び記念講演等について(平成19年8月21日)

第6回山形県科学技術奨励賞授与式及び記念講演等について(平成19年8月21日)

第6回山形県科学技術奨励賞の授与式が行われました。(平成19年8月21日)

 この知事表彰は、科学技術に関して優れた研究成果をあげた県内の若手研究者を表彰し、研究意欲の向上を図るとともに、将来の研究者の確保に資することを目的としており、今年で6回目を迎えたところです。受賞者には、知事より表彰状と副賞のレリーフが授与されました。

syugou

記念撮影
後列左より鬼島氏・田中氏・松田氏・鈴木氏
前列左より細谷文化環境部長・滝田氏・齋藤知事・西岡氏・赤塚山形県科学技術奨励賞審査委員会委員長

受賞者

氏名:滝田  潤 (たきたじゅん)氏 
所属:日東ベスト株式会社研究部食品研究課研究員
業績:ラ・フランスパウダーの開発並びにラ・フラン枝に含
    まれる美白成分に
関する研究開発及び微生物産生多糖の
    応用開発
-受賞・発表概要はこちらからご覧になれます。- 
受賞の様子等-JPGファイル27KB
概要-PDFファイル132KB

 

受賞者

氏名:西岡 昭博 (にしおかあきひろ)氏 
所属:山形大学地域共同研究センター准教授
業績:米粉100%による製パン技術の開発及びα化穀物粉の
  製造法とその製造
装置の開発

-受賞・発表概要はこちらからご覧になれます。- 
受賞の様子等-JPGファイル27KB
概要-PDFファイル144KB

副賞について
・レリーフは純銅製、楯は金山杉製。
・本県若手研究者の『いぶき』を象徴する賞に
ふさわしく、「いぶき」をイメージしたもの。
中央部は、未来を切り開く「知」の核を抱き
そこから溢れ出る「エネルギー」を表現し、
上部は、未来に向かって伸びていく力強さを
表現している。
デザイン:東北芸術工科大学 黒田良行氏
製  作:山形県工業技術センター

 

reri-fu

 受賞者の研究業績の発表を行うとともに、慶應義塾大学先端生命科学研究所所長である冨田勝(とみたまさる)氏をお迎えし、「慶應義塾大学先端生命科学研究所の今後の展開」と題して記念講演をいただきました。また、本県が平成18年度に実施した研究開発のうち優秀な成果をおさめた研究課題の発表を行うとともに、併せて、博士号を取得した本県職員から取り組んだ研究テーマについてそれぞれ発表を行いました。

○記念講演
「慶應義塾大学先端生命科学研究所の今後の展開」
  慶應義塾大学先端生命科学研究所所長 冨田勝 氏 -プロフィールはこちらから(PDFファイル8KB)ご覧になれます。-

      tomita

○平成18年度優秀研究課題発表
山形県試験研究機関試験研究課題優秀研究

研究課題

所属・氏名

研究概要

新素材の超精密加工技術の開発

山形県工業技術センター
超精密技術部長          
田中善衛(たなかぜんえい)

 薄型切断砥石による高品位・高能率溝加工技術の開発及び難加工材の曲面加工技術の開発を行った。

-発表概要はこちらからご覧になれます。- 

概要-PDFファイル68KB

当日の様子-JPGファイル21KB

新規食品素材「大豆圧搾ミール」を活用した機能性食品の開発

山形県農業総合研究センター
専門研究員
鬼島直子(きじまなおこ)

 大豆圧搾ミールとは大豆から物理的な圧搾により油を搾り取った残さのことであり、本残さを活用した機能性食品の開発を行い、今後商品化を目指す。

-発表概要はこちらからご覧になれます。- 

概要-PDFファイル42KB

当日の様子-JPGファイル20KB

 

○先端分野派遣研究者研究課題
 

発表テーマ

 所属・氏名

概 要

球状黒鉛鋳鉄とステンレス鋼との接合に関する研究

山形県工業技術センター
専門研究員
鈴木剛(すずきたけし) 

 

-発表概要はこちらからご覧になれます。- 

概要-PDFファイル33KB

当日の様子-JPGファイル21KB

県産果実からの香気生産性酵母の検出と分離

山形県工業技術センター
主任専門研究員
松田義弘(まつだよしひろ)

-発表概要はこちらからご覧になれます。- 

概要-PDFファイル81KB

当日の様子-JPGファイル21KB


 
※ 当日は、山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場において研究している花などを、飾花として壇上に飾りました。
 

hana


 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報