ホーム > 組織で探す > 商工労働観光部 > 雇用対策課(技能五輪・アビリンピック推進室) > よくある質問 > 産業技術短期大学校とは

産業技術短期大学校とは

  県立産業技術短期大学校は、科学技術の著しい進歩・発展を背景に、本県産業の発展を支える人材を育成するため、平成5年に全国初の都道府県立職業能力開発短期大学校として設立されました。平成9年には、庄内地域の高度な人材育成を担うため、産業技術短期大学校庄内校を設立しました。
 また、平成29年4月より県立産業技術短期大学校に「土木エンジニアリング科」が新設されます。
各校の学科ごと募集定員及び入校生募集については、次のとおりです。

    
 ◆産業技術短期大学校  
    デジタルエンジニアリング科 10名 
    メカトロニクス科 20名
    知能電子システム科 30名
    情報システム科 20名
    建築環境システム科 20名
    産業技術専攻科 10名

    土木エンジニアリング科 20名 (新設)

  ⇒ 産業技術短期大学校HP(リンク)

 ◆産業技術短期大学校庄内校
    制御機械科 20名
    電子情報科 20名
    国際経営科 20名

  ⇒ 産業技術短期大学校庄内校HP (リンク)
 

  ●雇用対策課 電話023-630-2378・3384


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報