ホーム > 組織で探す > 商工労働部 > 商業・県産品振興課 > 山形県ふるさと工芸品 > 品目紹介

品目紹介

人形「うどがわら人形」庄内地域酒田市
うどがわら人形内裏雛の写真
歴史と概要
江戸時代から湊町・酒田に伝わる
豊かな色彩の、素朴で温かな土人形
北前船で京都から伝わった伏見人形が原型といわれる土人形。江戸末期に大石助右衛門が作り始め、代々受け継がれてきました。木型は上方の彫り師によるものと思われ、吉祥人形が主だったようです。人形は木型と土型を使って作られてきましたが、明治の中頃からは土型が主流になり、大石家独自の型も作られるようになりました。昔話にちなんだものや優雅な風俗人形・モダンガールなど、独特な姿が目を引きます。現在は大石やゑさんを中心に鵜渡川原人形伝承の会が伝承と保存会活動を続けています。

三味線ひき土型の写真
三味線ひき土型
技法と特色
豊富な型と丁寧な筆使いによる鮮やかな色彩が特徴
膠や胡粉、顔料による伝統工法を守り継ぐ
粘土を型に詰めて人形のかたちを作ったら、乾燥させて素焼きにします。それに膠(にかわ)で溶いた胡粉(ごふん)を数回塗って下地を整え、さらに膠で溶いた顔料で彩色して仕上げる、昔ながらの工法です。型の種類は、恵比寿・大黒・布袋などの吉祥人形、桃太郎日本一・牛若弁慶などの昔話に因んだもの、たらい持ち女・バレリーナのような風俗人形など200余種。誕生祝に贈るなど、庶民の人形として郷土の人々に長く愛されてきました。

主な製品
●牛若弁慶 ●桃太郎日本一 ●バレリーナ ●たらい持ち女
牛若弁慶の写真 桃太郎日本一の写真 バレリーナの写真 たらい持ち女の写真

お問い合わせ先

鵜渡川原人形伝承の会 事務局
〒998-0053 酒田市若宮町1-7-10
電話&FAX: 0234-31-2008
 



 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報