ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 最上総合支庁 > 最上農業振興課 > 最上伝承野菜リンク > 野菜一覧 > 金持ち豆(かねもちまめ)

金持ち豆(かねもちまめ)

金持ち豆


【主な栽培地】
新庄市野中
【播種時期】
5月中下旬
【収穫時期】
10月下旬
【来歴】
昭和20年に鮭川村から野中に持ち込まれた。
【名前の由来・特性】
ふっくらとしておいしい豆だったので「みんな金持ちになったらいいな」との思いを込めて付けられた。
【利用方法】
味噌
【流通状況】
まゆの郷、もがみ物産館 他

 


生産者の一人
今田浩徳 さん

元は鮭川村京塚で栽培されていた豆で、偶然出てきた大粒で味のよいものを選抜し、その屋号で「丑(うし)豆」と呼ばれていた。この家から野中に来た人が豆を持ち込み栽培が広がった。

昭和62年秋に、「兄(あに)系」と呼ばれていたこの豆を使って、豆腐や味噌を作ったところ大変おいしかったので、今田さんと他2軒で味噌作りをするようになった。それが「野中玄米味噌生産組合」となり、造るのが難しい玄米麹を使った味噌の加工販売をするようになった。現在、委託加工も含め、年間12tの味噌を販売している。

名の無かったこの豆は、大きく、ふくよかだったこともあり「みんな金持ちになれたらいいな」との思いも込めて「金持ち豆」と名づけられた。

「この豆の枝豆は絶品。米もそうだけど、豆は自分たちの生活さ根付いてきた。豆と共に生きてきた」豆と味噌は世代を超えて伝わっている。

金持ち豆(生産者)
前へ 戻る 次へ

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報