ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 最上総合支庁 > 最上農業振興課 > 最上伝承野菜リンク > 野菜一覧 > 角川かぶ(つのかわかぶ)

角川かぶ(つのかわかぶ)

角川かぶ


【主な栽培地】
戸沢村角川
【播種時期】
8月中旬
【収穫時期】
11月上旬
【来歴】
昔からこの地域で栽培されてきた。
【名前の由来・特性】
形は短く細い。上部は赤か紫色で下部は薄く色づく。しかし、交配が進んでおり、形と着色の程度は同じ集落内でも様々である。肉質はしまって歯ざわりがいい。
【利用方法】
甘酢漬け、甘酒漬けなど
【流通状況】
農楽市、もがみ物産館 

 


生産者の一人
早坂信子 さん

角川のかぶは交配が進んでいる。そのため、各家々で好みにあったかぶを選抜しているという。信子さんのかぶは、同じ種を取っても4種類のかぶが出てくるという。その中で選抜しているかぶは、上部が紫色(写真左)と赤色(写真右)のもので下部は薄く色づく2種類である。

酢漬けにしたとき赤色がよく付くように赤色も選抜しているが、紫色のものが「自分の家のかぶだ」と信子さんは言う。甘酢漬けや麹漬け、甘酒漬けにして食べる。

「家の種がこの辺では一番古い種みたいだ。その年の種んねどだめだってばんちゃんがら言われて、それをずっと守ってる。この種を一山越えた畑に植えたら、かぶが苦いって言われた。土変えるとだめだ。」

「今、住んでいる角川が好きです。このかぶに出会えたのも、ここに来てからですから。」

かぶも人も混じってみて、よさが分かるものなのかも知れない。

早坂信子
前へ 戻る 次へ

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報