ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 村山総合支庁 > 北村山総務課(連携支援室) > 11月11日(月)「国道347号「鍋越峠」地域交流フォーラム」を開催します

11月11日(月)「国道347号「鍋越峠」地域交流フォーラム」を開催します

国道347号は、平成28年度から通年通行が実現し、利便性が大きく向上しており、この道路を介した山形・宮城両県の相互交流・広域連携の機運が高まっています。

本フォーラムでは、この機運の高まりを一層推進し、更なる地域活性化に繋げるため、「観光」をテーマに、両県の広域観光振興の可能性を探っていきます。

入場無料、定員100名、事前申し込みが必要です。

日時

令和元年11月11日(月) 13時30分から16時00分(13時00分から受付)

場所

尾花沢市共同福祉施設(尾花沢市若葉町一丁目2-18)

内容

1 基調講演 「時間軸と観光振興」

講師:東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科 准教授 本吉 裕之 氏

2 報告 「国道347号の整備状況と今後の展望」

    報告:村山総合支庁建設部次長 奈良崎 弘

3 パネルディスカッション 「国道347号を介した広域観光振興の可能性」

コーディネーター:志賀 秀一 氏(㈱東北地域環境研究室代表)

アドバイザー:本吉 裕之 氏(東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科 准教授)

         小松   浩   (山形県村山総合支庁北村山地域振興局長)

パネリスト:遊佐  翔 氏(NARU-Go!再生プロジェクト リーダー)

       加藤 重子 氏(農事組合法人やくらい土産センターさんちゃん会 代表理事組合長)

       木戸  裕 氏(銀山温泉組合長)

       芳賀  清 氏(大石田そば街道振興会長)

(同時開催)

○国道347号通年通行パネル展

○尾花沢市、大石田町地域おこし協力隊による尾花沢市(開催地)の食材(尾花沢牛等)を使用した「洋風芋煮」の試食提供

 

その他

  1. 定員100名、参加無料です。
  2. 準備の都合上、事前のお申込みが必要です。詳しくは、別添チラシ(PDF形式635kb)をご覧ください。
  3. メールで申し込む場合は、件名を「国道347号「鍋越峠」地域交流フォーラム参加申込」とし、所属(個人の場合は不要)・氏名・参加人数・代表者連絡先(電話番号)を記入のうえ、お申し込みください。

主催

山形県、尾花沢市・大石田町広域連携推進協議会


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ