ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内保健企画課 > 入浴死・入浴事故を防ぐナビ > 「身を清めるにもルールあり。」新たなポスターで入浴事故予防の普及啓発!!

「身を清めるにもルールあり。」新たなポスターで入浴事故予防の普及啓発!!

「身を清めるにもルールあり。」~瀧行は温度を問わず、入浴は41℃~

 このたび、湯殿山の御滝で山伏修行の「瀧行」と「入浴」の共通点に着目した入浴事故予防ポスターを作成しました。

 もともと「入浴」と「瀧行」は深い関りがあり、古来から神聖な山に入る際は「湯垢離(ゆごり)」といって

 温泉などのお湯で身を清め心身ともに再生を果たしてから山に入っていました。それが、「水垢離」や「瀧行」となって「禊(みそぎ)」や

 現在でも山伏修行の一つとして行われるようになっています。

 また、どちらも一定の規則を守り行うことで、心身のけがれを落とすという共通点もあります。

 一方温度の面では、瀧行は季節・温度に水温に関係なく行われますが、入浴は「41℃以下」の一定の温度につかることで

 安全な入浴ができるという点で大きく異なります。

 この、「入浴」と「瀧行」の共通点・相違点から「身を清めるにもルールあり。」~瀧行は温度を問わず、入浴は41℃~という

 キャッチコピーのもとポスターを作成しました。

 是非、明日への再生のために日々の入浴を「41℃以下のぬるめのお湯」でゆっくり浸かりましょう!

 ポスター2

羽黒山山伏 星野尚文氏   撮影:湯殿山御滝
★ポスターダウンロード(A4版) 

 

※ 庄内保健所が発行するNEWNEWYOKUTIMES(にゅうよくたいむす)平成23年10月発行にポスターに関する詳しい内容が掲載されています。

詳しくはコチラをクリック⇒NEWYOKUTIMES

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ