ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内保健企画課 > 健康企画・調整担当 > 入浴事故予防関係 > 安全よいふろ住民調査

安全よいふろ住民調査

 平成21年度から入浴事故を予防するための普及啓発に取り組んできましたが、このたび、入浴事故と予防法の認知度、入浴習慣、入浴に関する意識等を探り、その活動の評価と今後の基礎資料としての活用を目的にアンケート調査を行いました。

 本調査に御理解・御協力を賜りました関係者の皆様に深く感謝とお礼を申し上げます。

調査方法

  1. 調査期間:平成24年10月から平成25年3月(6ヶ月間)
  2. 調査対象者:山形県内、岩手県、福井県の各種講話・会議等参加者
  3. 調査協力:村山保健所、最上保健所、置賜保健所、岩手中部保健所、お風呂ネットふくい(福井のお風呂と健康を考える会)

『安全よいふろ住民調査報告書』

 

取組み等に関しては、 入浴死・入浴事故を防ぐナビ をご覧ください。 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013-09-26掲載
  • 2013-10-03更新(住民調査報告書を掲載)

関連情報