ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内森林整備課 > 出羽庄内公益の森づくり事業関係について

出羽庄内公益の森づくり事業関係について

 
 

 山形県の日本海側に位置する庄内砂丘は、延長約33km、面積約2,500haの日本有数規模の海岸林(クロマツの砂防林)に覆われています。この海岸林は、飛砂を防ぐために造成されてきた歴史的な遺産であり、現在も庄内地域の暮らしや産業の基盤となっています。この海岸林も、近年は松くい虫の脅威にさらされ、関係機関(庄内森林管理署・山形県・鶴岡市・酒田市・遊佐町)では徹底防除に取り組んでいます。
 そして、地域の共有財産である海岸林を、地域の力で守り育てようという意識も高まってきており、山形県庄内総合支庁では、このような動きを踏まえ、多様な主体の協働による海岸林保全をめざす「出羽庄内公益の森整備事業」を平成14年度から行っており、平成19年度から、やまがた緑環境税充当事業として「出羽庄内公益の森づくり事業」と名称を変え、継続的に実施しています。

 

庄内砂丘林についての情報
 庄内総合支庁では地域や県民の皆様に、より庄内砂丘林の重要性を理解していただき、砂丘林を守り育てていく整備活動に参加していただくために『パンフレット「庄内を守る砂丘林」』を作成いたしました。
   パンフレット「庄内を守る砂丘林」
   庄内砂丘海岸林の歴史年表

各事業の詳細については以下をご覧下さい 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013/3/28 出羽庄内公益の森づくり事業、地域ふれあい講座のページを更新しました。過去の実績を掲載しました。

関連情報