ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内河川砂防課 > 河川の支障木の無償提供について(庄内)

河川の支障木の無償提供について(庄内)

 山形県庄内総合支庁では、河川を良好な状態に保つため、河川内の支障となる立木を伐採しています。

伐採に伴い発生した伐採木を、今年も希望される方に無償提供することになりました。

 つきましては、まきやほだ木等で利用希望がある方(県内在住者に限る。)は、下記の

引き渡し方法及び注意事項に従い、確認書を現地で提出してください。

 

 状況写真

 

引渡し方法

 次の1~4に従い、「支障木利用確認書」に必要事項を記入の上、山形県庄内総合支庁

河川砂防課の担当に現地で提出してください。

 

なお、引渡しは現地に来た先着順となりますのでご了承ください。

申し込みの予約受付は行いませんので、現地の提供物がなくなり次第、終了となります。

 

■1.支障木利用確認書の様式

  確認書はこちらからダウンロードしてください。

 「支障木利用確認書」(pdf,36.9KB)

 

■2.支障木伐採利用確認書の提出方法

  持参、現地記入のいずれかとします。

 (1)持参の場合

  伐採木を積込む前に、持参した支障木伐採利用確認書を現地担当者に提出してください。

 (2)現地記入の場合

  伐採木を積込む前に、支障木利用確認書を記入し現地担当者に提出してください。

  支障木伐採利用確認書をお持ちでない方は、現地担当者から受け取ってください。

 

■3.引渡し優先順位

  公共利用(地区行事含む)を優先に提供します。

  (引渡し期間は別々には設定しません。)

 

■4.引渡し期間

  平成30年5月31日(木)~平成30年6月2日(土) 9時~15時

支障木無償提供にあたっての条件及び注意事項

1.引渡しの際は、現地担当者に必ず支障木利用確認書を提出した後で積込みを開始してく

    ださい。

2.提供された伐採木は、提供を受けた方の責任において保管、利用をお願いします。

  不法投棄、及び提供された伐採木の転売は禁止です。支障木利用確認書にて意思を確

  認させていただきます。

3.公共利用の場合は、利用したい量を引渡し致します。公共利用名称と時期、内容を

  支障木利用確認書に必ず記入してください。

4.個人利用の方への提供量は、1名につき軽トラック1台分程度(約0.65㎥)とします。

  また、多くの方に提供できるよう、今回の期間中は1世帯1回のみの提供とさせていただ

  きます。引渡し時に本人確認させていただきますので、本人であることを証明できるも

  の(運転免許証、健康保険証など)をご持参ください。
5.伐採木の積込、運搬作業における怪我や事故等に関して、当方では一切責任を負いま

  せんので、自己責任において十分に注意して作業を行ってください。

6.車両への過積載防止及び運搬中の落下防止のため、運搬車両に応じて提供量を制限

  させていただく場合がありますので、ご了承ください。

7.市道への路上駐車は、一般の通行車両の迷惑になるため禁止とします。現地担当者

  の誘導に従ってください。

8.伐採木が残った場合は、後日、追加提供を行う予定です。

9.今後の業務資料として活用するため、簡単なアンケートの記入をお願いする予定ですの

  で、御協力をお願いします。また、引渡し状況の写真撮影を行う場合もありますので、

  ご了承ください。

 ※上記内容を順守できる方にのみ提供させていただきます。

平成30年度分の提供予定

1.引渡し場所  :鶴岡市(藤島)平形 地内 (藤島川、平形橋左岸下流)

2.樹  種    :ヤナギ、クルミ等

3.提供木状態  :径 約10cm程度~、長さ 約60cm~100cm 玉切り状態(枝葉無し)

4.予定数量   :軽トラック約100台分

引渡し場所

こちらをご覧ください。

「引渡し場所」(pdf,600.8KB)

(参考)パンフレット

「パンフレット」(pdf,77.4KB)

 

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報