ホーム > 組織で探す > 総務部 > 税政課 > 下の階層へ > 県税Q&A > 障がいがある場合は、自動車税が減免されると聞いたのですが…

障がいがある場合は、自動車税が減免されると聞いたのですが…

回答
障がいのある方が所有する自動車で、一定の要件に当てはまるものは、申請により自動車税及び自動車取得税の減免を受けることができます。
詳しくは「障がいのある方に対する自動車税・自動車取得税の減免について(PDF形式、180KB)」に記載してありますのでご覧ください。

なお、よくある質問は下記の通りです。

 

質問
身体障がい者手帳を交付されたが、減免は受けられるの?

回答 
減免の対象となる方については「障がいのある方に対する自動車税・自動車取得税の減免について(PDF形式、180KB)」をご覧ください。
なお、本人が運転する場合と家族に運転してもらう場合では、該当する範囲が異なりますのでご注意願います。

質問 
車検証の名義が障がい者本人でないと減免は受けられないの?

回答
障がい者の方ご本人の自動車税を減免する制度ですので、ご家族の名義では減免を受けられません。3月31日までに名義変更すれば、翌年度の納税通知書は障がい者の方に送付されますので、減免申請できます。
なお、障がい者本人が18歳未満・知的障がい・精神障がいの方である場合は、家族名義でも減免申請できます。

質問
家族運転とはどのような場合なの?

回答
障がい者の方が運転できないため生計を一にする家族が運転するもので、通院・通学・通所または生業のために、継続的に月1回以上使用することが条件となります。
家族運転は、同居・別居の別は問いませんが、別居している場合は、障がいのある方と運転される方が扶養関係にあることが条件となります。

質問
自動車税や自動車取得税はいくら減免されるの?

回答
自動車取得税は、全額減免されます。
自動車税は、納期限までに申請をした場合は、全額減免されますが、納期限後に申請があった場合は、申請があった月の翌月分からの月割減免となります。
また、納期限までに申請をした場合でも、4月1日以降に減免の対象となる要件を具備した場合は、要件を具備した月の翌月分からの月割減免となります。

質問
減免申請はどうするの? 毎年必要なの?

回答
現在お持ちの自動車を減免申請する場合は、ご本人かご家族の方が必要書類を持って各総合支庁の税務担当課に納期限までに申請してください。
※納期限後も随時(2月末日まで)、申請を受付けますが、その場合の減免額は月割となります。
なお、一度申請すれば翌年度からは継続して減免になりますので、毎年申請する必要はありませんが、定期的に状況確認を行います。

減免に必要な書類は次の通りです。

共通書類

  • 自動車税納税通知書
  • 車検証の原本
  • 運転免許証の原本
  • 身体障がい者手帳等の原本
  • 印鑑(認め印)

家族運転の場合

  • 住民票謄本
  • 使用目的を証する書類(通院・通学証明等)
  • 生計を一にすることを証する書類【別居の場合のみ】(健康保険証、源泉徴収票等)

介護者運転の場合

  • 住民票謄本
  • 自動車運行計画証明書
  • 誓約書

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成28年5月16日「障がい者の方が所有する自動車等の自動車税・自動車取得税の減免について」を平成28年度版に更新
  • 平成25年4月30日「障がい者の方が所有する自動車等の自動車税・自動車取得税の減免について」を平成25年度版に更新
  • 平成24年6月25日 自動車税減免パンフレットを更新しました。
  • 平成23年12月5日 問い合わせ先を修正しました。
  • 平成21年3月30日 ページ内容更新
  • 平成20年3月17日 リンクボタン更新
  • 平成18年2月28日 更新

関連情報