ホーム > 組織で探す > 総務部 > 秘書広報課(広報室) > 広報室 > メールマガジン「いま、山形から・・・」 > シリーズ企画 > 山形漫歩 > 国宝「縄文の女神」の里 舟形町

国宝「縄文の女神」の里 舟形町

いま、山形から・・・ 山形漫歩 国宝「縄文の女神」の里 舟形町

 山形県最上郡舟形町には、清流最上小国川が、東西を横断するように悠々と流れています。この地に住む人々は、遥かいにしえの縄文時代からその清流の恩恵を受け、日々の生活を送ってきたのでしょうか? 舟形町は、そんなロマンを感じられる国宝「縄文の女神」の故郷(ふるさと)です。

縄文の女神、奇跡の発掘

 舟形町は、清流最上小国川から獲れる味、香り、姿と三拍子そろった絶品「松原鮎」の名産地です。初夏、アユのシーズンには、県内外から多くの太公望がこの美しい「松原鮎」を求めて訪れます。ほかにもイワナ、ヤマメなど、清流ならではの魚たちが釣り人の心をとらえています。

西ノ前遺跡。

 この舟形町には、今から約4,500年前の縄文時代の遺跡「西ノ前遺跡」があり、日本最大の土偶である国宝「縄文の女神」が出土しました。

 それは、国道13号尾花沢新庄道路建設工事が具体化したことを受け、昭和61年10月に山形県教育委員会が行った遺跡詳細分布調査によって、「西ノ前遺跡」が発見されたことに始まります。道路の計画が進むにつれて、路線が遺跡にかかる可能性が出てきたため、平成3年に試掘調査が、翌平成4年には発掘調査(本調査)が行われました。

西ノ前遺跡 発掘作業(平成4年)。

その結果、長さ10mを超える大型住居跡3棟を含む住居跡9棟、食物の貯蔵をしていたと思われるフラスコ状土壙(どこう)(土の穴)60基を含む200基以上の土壙と無数の柱穴、土器捨場が発見されました。また、大小の土偶がまとまって出土したほか、縄文土器・石器など、整理箱で約900箱にもなる遺物が出土し、縄文時代中期のものであることが分かりました。そして、この時に、後に「縄文の女神」と呼ばれる日本最大の土偶が出土し、「西ノ前遺跡」が全国的に注目すべき遺跡であることが判明したのです。

 土偶の高さは45センチと(大きいものでも高さ15センチから20センチのものが一般的で、30センチを越えるのは稀といわれている)、これまで発見された完全な形の土偶としては国内最大であり、しかも、それぞれの部位が半径約3メートル以内の範囲で発見され、完全に復元された奇跡ともいえる土偶です。復元された姿は均整のとれた八頭身にも見える全身立像で、その美しさは見る人々を魅了し「女神」と呼ばれるにふさわしい姿です。

国宝 縄文の女神 高さ45cm 山形県立博物館にて常設展示。

 「縄文の女神」は、平成8年に県の重要文化財に、平成10年に国の重要文化財に指定され、そして、平成24年9月に、遂に国宝に指定されました。文化審議会では「縄文時代の土偶造形のひとつの到達点を示す優品として代表的な資料であり、学術的価値が極めて高い」と高く評されました。また、国宝指定の以前から、フランス、中国、ドイツ、イギリスに出展され、フランスの展示では、当時のシラク大統領がこの土偶を称賛したとの逸話があるなど、その美しさは、海外からも注目されてきました。町では今年(平成25年)、土偶出土の記念日にあたる8月4日を「縄文の女神の日」と定めました。

 土偶は、故意に壊された状態で発見されるのが普通です。具体的にどのような意図で作られ、使用されていたのかは未だ解明されていませんが、これまでの研究から、呪術や儀礼、出産に関わる願いと関係があるのではないかと考えられています。

 「西ノ前遺跡」から発掘された遺物は、植物質の食料を加工したと思われる石器が多く、矢じりなど、狩りに使うものがあまり出ていないのも特徴です。この地では、昔から最上小国川や周辺の豊かな自然の恩恵を受け、人々が暮らしていたことがうかがえます。

猿羽根山地内にある舟形町歴史民俗資料館。

 町の宝から、県の宝、そして、国の宝となった「縄文の女神」は、現在、山形県立博物館に常設展示されています。舟形町の猿羽根山(さばねやま)地内にある「舟形町歴史民俗資料館」には、本物と寸分違わないレプリカが展示されており、西ノ前遺跡から発掘された土器、石器や当時の生活の様子を知ることができる資料なども展示されています。

 また、昨年に引き続き今年(平成25年)も、「縄文の女神」里帰り展が、8月3日(土)・4日(日)に、舟形町中央公民館で開催されます。

 2回目となる今回は、国宝「縄文の女神」と国宝「縄文のビーナス」(長野県茅野市で出土)の出会いとして、「縄文の女神」及び(つけたり)(※)47点と一緒に「縄文のビーナス」(レプリカ)が展示されます。同じ縄文の土偶、どちらも国宝に指定されているもので、比べて見られるまたとないチャンスです。ほかにも西ノ前遺跡出土の土器、石器、パネル、写真、映像資料などが展示されます。

 (※附:本体に附属するもの。「縄文の女神」と共に出土した土偶は、非常に貴重なものとして破片ながら国宝に指定された。)

資料館内展示物。

 このほか、西ノ前遺跡では、7月22日(月)から8月9日(金)までの間、これまで発掘が行われなかった場所の試掘調査が行われ、8月4日(日)には現地説明会が開催されます。もしかしたら、第二の縄文の女神が発見されるかも?しれません。

 さらに、町では現在、「縄文の女神」が出土したシンボル的な遺跡地としての「西ノ前遺跡」の環境整備を計画中です。周辺の山々や最上小国川を背景とした縄文の森の出現や「縄文の女神」の聖地として神々しさを感じるパワースポットなど、縄文の世界を体感できるような遺跡整備が期待されます。

 

発掘の地「西堀町」から発信
 
西堀公民館前の縄文人と等身大の「縄文の女神」モニュメント、案内看板。

 「縄文の女神」が国宝に指定されたことで、発掘地である西ノ前遺跡などゆかりの地に県内外から多くの人が訪れるようになりました。

西堀町内会長 遺跡の保存案内人 伊藤清紀さん。

西ノ前遺跡のある舟形町の西堀町内会では、以前から、遺跡に花を植えたり、農道であった遺跡脇に車を止められるスペースを確保したり、イベント広場「女神の丘」の清掃活動をしたりしてきたほか、西ノ前遺跡にふさわしい自然環境づくりをするため「縄文の会」を立ち上げて、子ども達も楽しんで学べる自然公園づくりに取り組んでいます。また、平成24年に西堀公民館前に「縄文の女神」モニュメントが建立されたのを機に、土日祝日には西堀公民館を無料休憩所として開放するなど、町内をあげて手作りで出来る限りのおもてなしの対応を続けています。依頼があれば、町内会長の伊藤 清紀(きよとし)さんが遺跡の案内人として、西堀地区だけでなく、西ノ前遺跡から舟形町全体の歴史に関することまで幅広く紹介しています。公民館には、町内会で作成した西ノ前遺跡周辺の略図を記したパンフレットや、発掘時の写真等も展示してあります。

 

縄文炎祭で地域おこし
Tmプロジェクトf 代表 叶内昌樹さん。

 今年(平成25年)の8月3日(土)の午後から4日(日)の朝にかけて、「縄文炎祭(じょうもんひまつり) 」が女神の丘(西堀地区内)で開催されます。それは、“つなぐ”をテーマとした土器・土偶の野焼きがメインの祭で、叶内昌樹さんが代表を務める町内の地域おこしグループ「Tmプロジェクトf」が中心となって、「縄文の女神」発掘20年目にあたる平成23年にプレイベントとして開催したのが始まりです。

 
縄文炎祭 女神の丘で開催。

 それまで舟形町には、若鮎まつりなど、町が主体となって開催してきた大きなイベントはあったものの、行政主導であったと感じていたという叶内さん。「縄文の女神」が発掘されてから20年間、陰ながら活動をしてきた地元の方々に敬意をはらいつつ、地域おこし活動を共に行っている仲間たちとイベントを開催することで、地元を盛り上げていきたいと炎祭を始めたのだそうです。 そして、今後は、「縄文炎祭」を、「縄文の女神」の復元を祝う誕生祭として大切にしながらも、「地域間での町民の意識の格差をなくし、西堀町内会のみなさんと協力して、町内全体で作り上げるイベントにしていきたい」と語ってくれました。

 縄文炎祭では、野焼きの焼成、縄文食の出店、縄文遊びのブースが設けられるほか、3日の夜には、縄文の女神誕生祭が行われ、花火も打ち上げられる予定です。

 真夏の夜空を見上げながら、縄文の人々に想いを寄せてみてはいかがでしょうか。

 

山形県舟形町「縄文の女神」関係催し物
催し物 日時 場所 問い合せ先
「縄文の女神」里帰り展
入場無料
8月3日(土)
9:00~20:00
8月4日(日)
9:00~17:00
舟形町中央公民館
2階展示室
舟形町教育委員会
TEL:0233-32-2246
西ノ前遺跡試掘調査現地説明会
参加無料
8月4日(日)
11:00~12:00
西ノ前遺跡地内
国宝土偶シンポジウム
~縄文土偶の魅力を語る~
参加無料
8月4日(日)
13:30~15:00
舟形町中央公民館
3階大ホール
縄文炎祭 8月3日(土)・4日(日) 縄文の丘
(舟形町西堀地区)
舟形焼わかあゆ薫風窯(舟形観光情報館内)
TEL:0233-32-0660
舟形町まちづくり課
TEL:0233-32-2111(内線316)

 

取材協力

舟形町教育委員会 TEL:0233-32-2246 「縄文の女神」里帰り展
舟形町まちづくり課 TEL:0233-32-2111(内線316) 縄文炎祭
舟形町・西堀町内会
Tmプロジェクトf
舟形町歴史民俗資料館 TEL:0233-32-3495

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成25年7月5日公開

関連情報