ホーム > 組織で探す > 総務部 > 秘書広報課(広報室) > 広報室 > メールマガジン「いま、山形から・・・」 > シリーズ企画 > 山形の旬だより > 水郷大江夏まつり

水郷大江夏まつり



いま、山形から・・・ 山形の旬だより 水郷大江夏まつり「灯ろう流し花火大会」

 かつて上方や江戸との流通や往来をもたらした最上川舟運。大江町左沢(あてらざわ)はその河岸(かし)として繁栄した町です。8月の夏まつりは豊かな川面に灯ろうが浮かび、打ち上げ花火で賑わいます。また、今年(平成25年)3月に「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」が、国の重要文化的景観に選定されました。

最上川の流通・往来及び左沢町場の景観
左沢町場地区の元造り酒屋(会津屋清野家)。

 文化的景観は文化財のカテゴリーの一つで、「地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のために欠くことのできないもの」と定められています。県内初の選定を受けたのが「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」です。左沢の景観を見れば、ここで営まれてきたその時代ごとの歴史と、変遷までがわかるという大変貴重な事例です。

 簡単にご紹介してみましょう。左沢の歴史は大きく3つの時代に分けることができ、その時代ごとに中心となるエリアが移動しています。

楯山城から最上川の眺め。

 はじまりの地は楯山公園がある楯山地区。中世の1346~70年頃に、左沢元時(もととき)により左沢楯山城が築かれたといわれています。ここは最上川や檜木沢の崖に囲まれた要害の地で、交通の要所を押さえるための城だったそうです。楯山公園は、日本一公園とも呼ばれており、東に大きく迂回する最上川の雄大な流れを見ることができます。

江戸時代からの道、原町通り。
舟道の跡。

 近世は小漆川(こうるしがわ)城と最上川の河岸。1622年には左沢藩が成立し、藩主酒井直次が小漆川城を築くと、現在の市街地一帯に城下町が整備されます。さらに、最上川や舟屋敷の整備を経て、舟運の拠点となりました。

舟着場跡と旧最上橋。

 明治時代に入ると、最上川に最上橋が架けられ、鉄道左沢線が開通し、現在に至っています。たび重なる大火から防災を意識した道路の拡幅や新設が行われ、現在の碁盤の目状の町並みが形成されました。

 土地の区画整理が行われると新しい街並みしか見えなくなるのですが、大江町では3つの時代の街並みが残っているのです。「歴史が層になって重なっている、歴史が見えるんです」と大江町政策推進課 観光振興係 松田さん。

 わかりやすい鑑賞のポイントとしてはヤナや舟道(舟運のために浅い川底の岩盤を掘った跡ともいわれる)などの舟運文化の遺構。青苧(あおそ)などの特産物の取り引きで形成された河岸集落。江戸時代の主な道や地割。旧家や商家などの建築物などがあります。

 パンフレットを片手に、歴史と場所を案内してくれるガイドさんと街を歩けば、まるでタイムトラベルをしたかのように中世から平成の現在までの大江町を感じることができるのではないでしょうか。観光ボランティアによるガイドツアーなどがありますので、歴史に興味がある方は、お問い合わせてしてみてはいかがでしょうか。(ガイドの依頼は事前予約が必要です)

歴史ある灯ろう流し花火大会
灯ろう流し。

 米沢から酒田までの最上川舟運において、左沢はその中継地点でした。この地から下流は船体が大きなヒラタ船、上流は小さな小鵜飼(こうかい)船となるため、必ず荷物の積み下ろしが行われ、町は繁栄したのです。左沢は舟の道であるとともに、魚とり、水泳ぎの場所でもあったため、舟や水難の事故も起きました。

 地元の人が身内の水難者の霊をなぐさめようと、大正8年からお盆の時期に灯ろうを流したのがきっかけで、左沢の灯ろう流しが始まったといわれています。その後、花火大会も合わせて行われるようになりましたが、山形県内では最も古い花火大会と伝えられています。

 
 

 打ち上げ花火は、最上川河岸2箇所と高台から1カ所の3箇所から打ち上げられます。ゆったりした川面に映る花火と、旧最上橋に置かれた灯ろうが、この町ならではの趣を感じさせます。今年は4,000発を準備し、2尺玉も例年より多いそうで、重要文化的景観をイメージした創作花火も打ち上げられる予定です。昼に「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」を散策し、夜には、幻想的な灯ろう流しと華やかな花火を堪能すれば、素敵な夏の思い出になるのではないでしょうか。

 

 

 

平成25年度水郷大江夏まつり大会

 ※雨天決行、荒天中止

8月10日(土)~15日(木) 郷灯ろうまつり・青竹ちょうちん祭り
13日(火)朝市
14日(水)魚つかみどり大会 左沢中央通り商店街「ふるさと盆まつり」 大江町納涼盆踊り大会
15日(木)

最上川供養 朝日嶽神社御神火 露天市 左沢灯ろう流し 音楽祭+ヒップホップダンス
灯ろう流し 花火大会

 

取材協力及び水郷大江夏まつり、「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」ボランティアガイドのお問い合わせ
大江町政策推進課 観光振興係 TEL.0237-62-2139

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報