ホーム > 組織で探す > 総務部 > 秘書広報課(広報室) > 広報室 > メールマガジン「いま、山形から・・・」 > シリーズ企画 > 山形の若者 > 庄内恋愛教習所 所長 三浦明弓さん

庄内恋愛教習所 所長 三浦明弓さん

いま、山形から・・・ 山形の若者 庄内恋愛教習所 所長 <ruby><rb>三浦 明弓</rb><rp>(</rp><rt>ミウラ アケミ</rt><rp>)</rp></ruby>さん(鶴岡市)
(平成27年3月20日掲載)

 結婚につながる相手を探す、婚活パーティー。真剣に出会いを求めていても、初対面の人と話すのが苦手だったり、異性だと緊張してしまったり、自分をうまくアピールできない方もいるようです。「相手の良さを知り、良い恋愛をしてほしい」という思いから三浦さんは、短期決戦の婚活イベントではない出会いの機会を提供する「庄内恋愛教習所」を立ち上げました。

恋愛教習所立ち上げ

 夫と一緒に飲食店を経営していますが、友人との共通の悩みだったのが、未婚の方から「誰かいい人いない?」と相談を受けることでした。それなら私たちの知り合いを引き合わせてみようと、お店でカップリングパーティーをするようになり、何組かが結婚したので、面白くなってきました。

めがねや指し棒などを使って、楽しく授業します。イベントの司会をすることも。

 そうした中、TPOに合わせた服装がわからない男性や、「年収はこれ以上はないと」という条件で判断してしまう女性たち、内面でなく外見重視でその先に進めない方など、私たちだけではどうにもならない壁が見えてきたのです。そこで、おしゃれの仕方やコミュニケーションの取り方などを「セミナーのように教えてみてはどうだろう」ということになり、有志で取り組むことにしました。

 「結婚っていいね」と思ってもらえるような、ゆるい結婚支援。今すぐの結婚ではなく、これから恋愛するためのレッスンをする恋愛予備軍向け。イメージは練習をする「教習所」かなと、名前は「庄内恋愛教習所」にしました。

 

入所から卒業までの流れ
庄内コン終了!参加人数200人、カップル20組が成立。これからアフターパーティー。

 恋愛教習所の1期あたりの募集人数は10名から15名。20歳から35歳までの独身男女が対象です。まずは電話かメールで問い合わせをしていただき、イベントに参加。イベントでは、最初に「恋愛模試」を受け、それぞれの恋愛についての考え方や傾向に気付いていただきます。

 1週間後に男性はファッション講座に参加し、それぞれの服装についてファッションコーディネーターからアドバイスを受けます。女性は別室で私とのガールズトーク。様々な話しをすることで心をひもといていきます。それから1週間ごと4回のミーティングで、最終イベントのカップリングパーティーをどのような形で行いたいかをみんなで話し合い、企画内容を決めていきます。

 ミーティングのときにもファッションチェックがあります。次のミーティングまでの間は、男女が2人きりで会うことはできませんが、フェイスブックで交流し情報交換ができます。

 

庄内の季節の中、じっくり相手を知る

 1ヶ月半くらいの間、毎週会って、話し合ったり、作業をしたりすること中で、参加者同士の性格や考え方を知っていきます。最後のカップリングパーティーは庄内地域のいろいろな場所で開催していて、湯田川温泉で足湯をし日が暮れてから蛍を見に行ったり、流しそうめんならぬ庄内名物の流し麦きりでみんなでキャーキャー騒いだり、マシュマロをたき火で焼くなど、通常では体験できない、女性たちがキュンキュンするようなイベントを行っています。

きれいな夕日が見れるのは、日本海側の醍醐味。酒田港クルーズの出会いイベントで。

 どうしてもみんなの輪にとけ込めないとか、魅力はあるのに前向きになれないといった方が、恋愛教習所での交流の中で、自信を持ち激変し結果を出してくれたりします。特に男性の変化が目覚ましいですね。

 これまで7期にわたり行ってきましたが、それぞれ数組のカップルが誕生しました。カップルになると女性たちの気持ちは結婚に向けて動いていくのですが、男性はなかなか結婚を考えてくれないなど、その後も相談を受けたりしています。なだめ役になったり、時にはちょっときつい言葉で話をしたりすることもありますが、それは前向きになってほしいからなんです。

 1期で結果が出せなかったら、引き続き参加することも可能です。カップルになったら、今度は「庄内恋愛教習所」の運営に参加してもらっています。

 

魂に触れるおせっかい
「高校生のためのライフデザインセミナー」の講師として、高校生たちと。

 昨年(平成26年)の秋には結婚されたカップルが誕生しました。そのこともとてもうれしいのですが、3年間活動してきて、社会的に地域のために何かをしたいという若者たちや、比較的スキルの高い人たちが活動する場が少なくさらに地域で存在意義を見いだしたいという気持ちの方が多いということも感じており、恋愛教習所がそうした方々の活動の場になっていることもやりがいのひとつになっています。

ワークショップでは、グループに分かれ、相手にしてあげたいことを考え、発表。

 全国的に活動そのものが珍しいようで、婚活団体が集まった場などで、お話させていただいたりもしています。「庄内恋愛教習所」は結婚のお相手探しだけでなく、自分の存在そのものをもう一度見つめ直す場所でもあるように感じています。これからもうわべだけでなく、魂に触れるような「おせっかいさん」でいられたら良いなと思います。

 

庄内恋愛教習所 http://shonairenai.jimdo.com/

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成27年3月20日掲載

関連情報