ホーム > ピックアップやまがた > 報道発表資料・記者会見 > 報道発表資料 > 2018年 > 9月 > 第6回一般国道347号鍋越峠道路管理検討会議の開催について

第6回一般国道347号鍋越峠道路管理検討会議の開催について

2018年9月10日(月)

宮城・山形両県では、冬期閉鎖区間となっていた一般国道347号鍋越峠について、平成28年12月より時間限定の通年通行を実施しております。
当路線の冬期閉鎖解除にあたり、平成27年度より当検討会議において、専門家・学識経験者等より意見をいただきながら策定した「道路管理計画」をもとに、昨年度も大きな事故もなく運用することができました。
このたび、通年通行後冬期2シーズンを経験しての管理実施状況及び今後の方針について第6回検討会議を下記により開催いたしますので、お知らせいたします。
 
 
1 開催月日   平成30年9月14日(金)13:30~15:30
2 場  所   小野田福祉センター多目的ホール( 宮城県加美郡加美町中原南112 )
3 出者   専門家、学識経験者、道路利用者(両県のトラック協会、沿線自治体(大崎市、加美町、尾花沢市、大石田町))、
          警察・消防関係者、道路管理者
4 内  容   ① 昨年度までの課題と気象状況について
          ② 対策施設の効果と道路管理状況について

県土整備部 道路保全課
電話番号 023-630-2604
関連ファイル
ナビゲーション