ホーム > ピックアップやまがた > 報道発表資料・記者会見 > 報道発表資料 > 2019年 > 1月 > 「山形県産科セミオープンシステム導入モデル事業」の運用開始について

「山形県産科セミオープンシステム導入モデル事業」の運用開始について

2019年1月10日(木)

 県内の分娩施設が減少傾向にある中、地域の医療機関の連携による周産期医療提供体制の強化を目的に、村山地域をモデル地域とした「産科セミオープンシステム」の運用を開始しますのでお知らせします。

 

1 事業概要

 「妊婦健診は自宅や職場からの通院が便利な近くの診療所等で、出産は設備・体制が整った総合病院等の分娩施設で」をコンセプトに、「共通診療ノート」を活用した情報共有により施設間連携を強化し、妊婦の利便性の向上と安心安全な出産環境の整備を図るもの。

 

2 事業開始日

  平成31年1月15日(火)

 

3 参加医療機関

  村山地域における分娩施設及び妊婦健診施設

   ・分娩施設 4施設

   ・妊婦健診施設 12施設

 

※ 詳細は別紙資料を参照


健康福祉部 地域医療対策課
電話番号 023-630-2256
関連ファイル
ナビゲーション