ホーム > ピックアップやまがた > 報道発表資料・記者会見 > 報道発表資料 > 2019年 > 12月 > 山形県土砂災害警戒情報における暫定基準の廃止について

山形県土砂災害警戒情報における暫定基準の廃止について

2019年12月17日(火)

 令和元年6月18日22時22分頃の山形県沖の地震により、山形県の震度6弱を観測した鶴岡市南部、震度5強を観測した鶴岡市北部では、地盤の緩みを考慮し、山形県と山形地方気象台が共同で発表する土砂災害警戒情報の発表基準(土壌雨量指数基準)について、鶴岡市南部で通常の7割、鶴岡市北部で通常基準の8割に引き下げた暫定基準で運用してきました。
 土砂災害警戒情報の暫定基準は、地震発生後の土砂災害発生状況と降雨の状況ならびに土砂災害危険箇所の点検結果等を勘案して、適切な見直しを行うこととしております。
 今般、これらを検討した結果、下記のとおり山形県土砂災害警戒情報の暫定基準を見直すこととしますのでお知らせします。

 

  1 暫定基準を変更する日時
    令和元年122414
 
  2 暫定基準を廃止して通常基準とする市
     鶴岡市

県土整備部 砂防・災害対策課
電話番号 023-630-2631
関連ファイル
ナビゲーション