ホーム > ピックアップやまがた > 県へのご意見 > 県民の生の声コーナー > 2008年 > 12月 > 「県民の日」の制定について

「県民の日」の制定について

ご意見


他県では「県民の日」を制定している例があり、その日は小中学校が休みとなり、動物園や民間交通機関や映画館等は割引になります。県全体が活性化してとてもいいと思います。一つの案ですが、モンテディオ山形の昇格が決まった日を「県民の日」にして小中学校が休みになれば、子供達のモンテディオ山形への関心が高まり非常にいいと思います。(2008.12.1)




県の取組状況


「県民の日」は、県民が郷土に対する理解と関心を深め、ふるさとへの愛着を育むためのひとつの契機となるものであり、今後県としてもその制定について検討して参りたいと考えております。

全国には「県民の日」を制定している都府県があり、「県民の日」を中心として、その趣旨にふさわしい行事等が行われております。具体的な日の設定については、他県の例では廃藩置県の際に初めて県の名称が使われた日や合併した日、あるいは特別な行事が行われた日など由来は様々となっております。モンテディオ山形のJ1昇格の日を「県民の日」にするという案につきましては、サッカーJ2において挑戦10年目にして初めて、悲願のJ1昇格を果たしサッカーファンのみならず県民にとっても大きな励みとなった出来事であり、1つの節目であると思われますので、御意見も参考にしながら検討して参りたいと考えております。(2008.12.9 検討)

seisakusuishin 政策企画課
受付日:2008年12月1日(月) 掲載日:2008年4月25日(金) ジャンル: その他
ナビゲーション