ホーム > ピックアップやまがた > 県へのご意見 > 県民の生の声コーナー > 2015年 > 8月 > 「つや姫」のパッケージデザインについて

「つや姫」のパッケージデザインについて

ご意見


・「つや姫」のパッケージデザインがオリンピックエンブレム盗作疑惑のデザイナーのデザインだと知りました。ネットではかなり広がっていて、山形のイメージまで損なっていると感じます。
 「つや姫」のパッケージデザインを変えてほしいと思います。(同種の御意見他に15件)
・「つや姫」パッケージデザインについて、佐野研二郎氏のデザインと言うだけでブランドイメージを落としています。山形県出身なので山形県産米を山形県の業者から購入していましたが、もう買いたくありません。(同種の御意見他に4件)
・農家としてこれから「つや姫」を生産するかもしれない時期にこのようなブランドを傷つけるようなパッケージは使わないでいただきたいと思います。山形県の米は他県の方から美味しいと言われるのでぜひ「つや姫」のブランドイメージを守っていただきたいのです。(同種の御意見他に2件)
・山形県のお米は全国の皆さんに食べて 美味しいのを知って頂きたいと思っています。
「つや姫」のパッケージデザインが東京オリンピックロゴで問題になっている佐野研二郎氏のデザインと最近になって知りました。お米のブランドイメージに関わりますので、県で徹底して 調査をされた方がよいかと思います。



県の取組状況


 「つや姫」のパッケージデザインについては、その制作を受託した業者から依頼を受けた佐野研二郎氏が制作を担当したもので、同氏から提案された複数の候補の中から、平成21年8月に「つや姫」ブランド化戦略実施本部において、現在のデザインに決定したものであり、平成22年2月19日に山形県を権利者として商標登録しております。
  「つや姫」のパッケージデザインは、デビューから6年目を迎える今日まで、「つや姫」の統一したブランドイメージの構築に大きく寄与してきており、県民や全国の消費者の皆様の間に定着しているものと考えております。
 県としましては、この分野の専門家への相談を踏まえ、商標法に基づき適正に商標登録されていることや、著作権法上もデザインの公表から長期間問題なく経過していることなどから、現時点で法律上の問題はないものと認識しているところです。引き続き今後の事態の推移を見守りながら、適切に対応してまいりたいと考えております。(2015-09-25 実施中・実施済)
農林水産部 県産米ブランド推進課
受付日:2015年8月13日(木) 掲載日:2015年10月9日(金) ジャンル: 農林水産
ナビゲーション