ホーム > 山形県警察 > 交通安全のための情報 > 安全運転管理者制度について

安全運転管理者制度について

1 安全運転管理者制度の趣旨

   安全運転管理者制度は、一定台数以上の自動車を保有する事業所において、自動車の安全運転を

  確保するために必要な業務を行う者を選任し、道路交通に係る法令の遵守や交通事故の防止を図るこ

   とを目的としています。 

2 安全運転管理者の業務

   安全運転管理者は、従業者等に対する交通安全教育のほか、下記の安全運転管理業務を行います。

    (副安全運転管理者は、安全運転管理者の業務を補助します。) 

 

    ① 運転者の適正・技能、法令の遵守状況等を把握するために必要な措置を講じます。
    ② 最高速度違反、過積載等に留意し、安全運転確保のための運行計画を作成します。
    ③ 長距離運転や夜間運転となる場合、過労等により安全運転ができないおそれがあるときは、あらかじめ交代要員を配置します。
    ④ 異常気象、天災時等に、安全確保のために必要な指示や措置を講じます。
    ⑤ 運転者に対して点呼等を行い、健康状態や運行前点検の実施状況等を確認し、安全運転を確保するために必要な指示を行います。
    ⑥ 運転者名、運転開始・終了日時、運転距離等を記録する運転日誌を備えつけ、運転者に記録させます。
    ⑦ 運転者に対し、自動車の運転に関する技能・知識等について指導を行います。

3 安全運転管理者、副安全運転管理者の選任

    自動車の使用者は、一定台数以上の自動車の使用の本拠ごとに安全運転管理者及び副安全運転管理者
   (以下「安全運転管理者等」といいます。)を選任しなければなりません。
    
    ただし、次の事業者は安全運転管理者等の選任義務はありません。
    ● 道路運送法の規定による自動車運送事業者(貨物自動車運送事業法の規定による貨物軽自動車運送事業者を除く)
    ● 貨物利用運送事業法の規定による第二種貨物利用運送事業者

 (1)安全運転管理者

自動車運転代行業者(営業所ごと)
その他の事業所(使用の本拠ごと)
台数
選任数
台数
選任数
1台以上
1人
5台以上
(乗車定員が11人以上の
自動車にあっては1台以上)
1人

 

 (2)副安全運転管理者

自動車運転代行業者(営業所ごと)
その他の事業所(使用の本拠ごと)
台数
選任数
台数
選任数
0~9台
不要
0~19台
不要
10~19台
1人
20~39台
1人
20~29台
2人
40~59台
2人
以下10台増えるごと
以下1人ずつ加算
以下20台増えるごと
以下1人ずつ加算

 

  (1)、(2)ともに、自動車の台数を数える際は次の点に注意してください。

   ●   原動機付自転車は台数の計算に含みません。

   ● 台数を計算する際、大型自動二輪車及び普通自動二輪車は、1台を0.5台として計算します。

4 安全運転管理者等の資格要件

   安全運転管理者等は、下記の資格要件を備える方のうちから選任しなければなりません。

 
要件
安全運転管理者
副安全運転管理者
年齢
20歳(副安全運転管理者が置かれる場合は30歳)以上の方
20歳以上の方
運転管理経験
下記のいずれかに該当する方
    自動車の運転の管理に関し2年
  (公安委員会の教習修了者は1年)以上の実務経験を有する方
    ①と同等以上の能力を有すると
  公安委員会が認定した方
下記のいずれかに該当する方
    自動車の運転の管理に関し1年
  以上の実務経験を有する方
    自動車の運転の経験期間が3年
  以上の方
    ①または②と同等以上の能力を
  有すると公安委員会が認定した方
共通
下記のいずれにも該当しない方
 
     公安委員会の命令により安全運転管理者等を解任された日から2年を経過
  していない方
 
     次の違反をしてから2年を経過していない方
lひき逃げ
l無免許運転
l無免許運転にかかわる車両の提供
l無免許運転の車両への同乗
l麻薬等運転
l酒酔い運転、酒気帯び運転
l酒酔い運転、酒気帯び運転に
  かかわる車両・酒類の提供
l酒酔い運転、酒気帯び運転に
 車両への同乗
l自動車使用制限命令違反
 
     次の違反を下命・容認してから2年を経過していない方
l無免許運転
l無資格運転
l麻薬等運転
l酒酔い運転、酒気帯び運転
l過労運転
l最高速度違反運転
l積載制限違反運転
l放置駐車違反

 

 

5 安全運転管理者等の届出

   自動車の使用者は、安全運転管理者等を選任したときは、選任した日から15日以内に

    自動車の使用の本拠の位置を管轄する警察署に届け出なければなりません。

      解任したときも 同様です。

 (1)選任の場合の必要書類

安全運転管理者
副安全運転管理者
3
3
住民票の写し(抄本又は謄本)
※コピー不可
1
住民票の写し(抄本又は謄本)
※コピー不可
1
3
※記載例は左記に同じ
3
運転免許証のコピー、または自動車の  運転経歴書
1
自動車安全運転センターが発行する  運転記録証明書(選任日前1ヶ月  以内に発行されたもの)(※)
1
自動車安全運転センターが発行する  運転記録証明書(選任日前1ヶ月  以内に発行されたもの)(※)
1
写真(無帽、正面、上半身、無背景で縦3㎝×横2.4㎝)
1
写真(無帽、正面、上半身、無背景で縦3㎝×横2.4㎝)
1
 (※)申込用紙を警察署において入手のうえ、郵便局窓口にて発行手数料630円を添えて振込みをお願いします。
  振込後10日前後で郵送によりお手元に届きます。(自動車安全運転センター(天童市の 総合交通安全運転センター内)
  窓口であれば、申込みと支払いが一括して行えます。)
   なお、発行される証明書の「証明期間」は、1年、3年、5年の3種類がありますが、
選任日前2年間の証明が必要と
  なりますので、3年または5年の証明書をお求めください。

 (2)解任の場合の必要書類

安全運転管理者
副安全運転管理者
3
※記載例は左記に同じ
3
 ※ 自動車台数の減少による解任の場合は、(副)安全運転管理者に関する届出書に減少後の自動車台数を
  車種別に記載のうえ、解任届と併せて3部提出をお願いします。 

 (3)記載事項変更(使用の本拠の名称変更・住所変更、管理者の氏名変更等)の場合の必要書類

安全運転管理者
副安全運転管理者
3
※記載例は左記に同じ
3
  ※ 変更した内容に係る欄のみを記載し、「備考」欄に変更前の名称等の記載をお願いします。

6 安全運転管理者等法定講習

     安全運転管理者等は、公安委員会が実施する法定講習を年度毎に1回受講しなければなりません。
   自動車の使用者は、公安委員会から法定講習の通知を受けたときは、安全運転管理者等に法定講習を
       受けさせてください。

7 安全運転管理者等に関するよくある質問

      お問い合わせがよくある事項について、Q&A形式でまとめました。下記のPDFファイルをご覧ください。

8 届出先・お問合せ先 

     下記警察署の交通担当課に届出、お問合せをお願いします。 
使用の本拠が所在する市町村
管轄の警察署
住     所
電話番号(代表)
山形市、山辺町、中山町
山形警察署
山形市松山一丁目1の23
023-627-0110
上山市
上山警察署
上山市矢来三丁目7の50
023-677-0110
天童市
天童警察署
天童市糠塚二丁目4の1
023-651-0110
寒河江市、河北町、
西川町、朝日町、大江町
寒河江警察署
寒河江市大字西根字上川原228の1
0237-83-0110
村山市、東根市
村山警察署
村山市中央一丁目2の5
0237-52-0110
尾花沢市、大石田町
尾花沢警察署
尾花沢市横町二丁目4の1
0237-24-0110
新庄市、金山町、最上町、
舟形町、真室川町、
大蔵村、鮭川村、戸沢村
新庄警察署
新庄市新町5の19
0233-22-0110
庄内町
庄内警察署
東田川郡庄内町余目字滑石8の1
0234-45-0110
酒田市、遊佐町
酒田警察署
酒田市上安町一丁目1の1
0234-23-0110
鶴岡市、三川町
鶴岡警察署
鶴岡市道形町20の40
0235-28-0110
長井市、白鷹町、飯豊町
長井警察署
長井市小出3743の3
0238-84-0110
小国町
小国警察署
西置賜郡小国町大字小国小坂町一丁目49
0238-62-0110
南陽市、高畠町
南陽警察署
南陽市椚塚1618
0238-50-0110
米沢市、川西町
米沢警察署
米沢市城北二丁目3の19
0238-26-0110
 
 
 
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年4月13日 5(1)必要書類 一部修正