ホーム > 目的でさがす > イベント・講座・募集 > その他募集(コンクール、県民運動など) > 12月は「山形県障がい者差別解消強化月間」です

12月は「山形県障がい者差別解消強化月間」です

 山形県では、障がいを理由とする差別の解消を推進することを目的として、平成29年度より、12月を「山形県障がい者差別解消強化月間」に設定しました。

 障がいのある人もない人も分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現するためには、県民一人ひとりが障がいや障がいのある人について知ること、理解を促進することが大事であり、県民一人ひとりに興味・関心をもっていただくことが重要です。

 「山形県障がい者差別解消強化月間」の期間中に、周知啓発等を集中して行うことで県民総参加の取組みを進めてまいります。

 実施期間  

 平成29年12月1日(金)から平成29年12月31日(日)まで

 ※ 障害者週間(障害者基本法第9条第2項)が12月3日から12月9日までであることから、この期間を含む12月を障がい者差別解消強化月間とし、相乗効果を図ります。

 実施主体  

 県内で障がい者差別解消の推進について中心的な役割を担う「障がいのある人もない人も共に生きる社会づくり県民会議(以下、「県民会議」といいます。)」の構成団体(県・市町村・国の機関のほか、福祉、医療、介護、教育、農林業、商工、公共交通、芸術、スポーツ等各分野の団体)が、それぞれの団体の特色を活かした取組みを行います。

 ・ 県民会議構成団体名簿(PDF 100KB)

 実施内容 (予定) 

県民会議構成団体において実施する取組み

 ・ 山形県障がい者差別解消強化月間 関係事業一覧<周知・啓発関係>(PDF 116KB) 

 

  ・ 山形県障がい者差別解消強化月間 関係事業一覧<各種イベント> (PDF 130KB) 

 

県において実施する取組み

 1 周知啓発
   ・ 障がい者差別解消強化月間を周知するためのポスターの作成・掲示
  ・ 各種広報媒体を活用した周知啓発

 ・ 児童生徒に向けた周知啓発用パンフレットの作成・配布

   ・ NPO法人等が実施した障がいや障がい者の理解促進等につながる補助事業の取組み成果等の事例集の作成・配布
 2 表彰イベント
   ・ 心のバリアフリー推進員ステッカーデザイン最優秀作品表彰式
   ・ 心の輪を広げる障がい者理解促進事業表彰式
 3 障がいのある方が作成した製品の販売促進

 

 参考

・ 山形県障がい者差別解消強化月間実施要綱(PDF 77KB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ