ホーム>ユニバーサルデザインとは

おでかけらくらく情報 『ユニバーサルデザイン』

年齢や性別、国籍や身体能力の違いなどにかかわらず、
だれもが利用しやすいように配慮したユニバーサルデザイン(UD)。

山形県では平成20年3月に その考え方を取り入れて、

「山形県みんなにやさしいまちづくり条例」を制定しました。

山形県内の公共施設や民間施設、道路、公園、トイレなどに、

やさしい心配りがみられます。

山形県にお住まいの方、また訪れる方に少しでもお役にたてるように、

いろいろならくらく情報をまんさいしています。



アイコンの説明

ほじょ犬受け入れ可

障がい者のからだの一部となって補助する犬と一緒に入ることができます。盲導犬、聴導犬、介助犬などで、ペットとは区別されます。

多目的トイレ

車イス使用者や、高齢者、妊婦さん、お子様連れの方など、通常の男女トイレを 使いにくいと感じる方に便利なトイレです。どなたでも利用できます。


オストメイト対応

病気により人工肛門、人工膀胱を造設された方が使えるトイレです。 専用のシンクやシャワー、フック、便器ノズル等が整備されています。

障がい者用パーキング

主に車イス使用者等、身体の不自由な方が駐車できる駐車スペースです。幅が広くて青色に塗られ、白い車イスマークがついていることがあります。健康な方の駐車は、ご遠慮ください。

ベビーシート

まだ首のすわらない赤ちゃんを寝かせて、オムツ交換ができます。
折りたたみ式のベビーシートやベビーベッドで表示されています。

ベビーチェア

一人でおすわりができる、小さなお子様用のイスがついています。シートベルトが付いていますので、安全のため必ずベルトをしめてください。

車イス対応エレベーター

車イスのまま乗ることができるエレベーターです。入口の幅が広く、低い位置に ボタンがついており、手スリや点字、音声案内がある場合もあります。

聴覚情報(耳マーク)

耳の不自由な方のために、対応しています。筆談用具や、手話、要約筆記者等の情報保証を行っています。