ホーム > 地域情報 > 村山地域の情報 > 村山地域のくらしに関する情報 > 保健・衛生 > 感染性胃腸炎に注意!

感染性胃腸炎に注意!

 冬から春にかけて、学校や介護保険施設における「感染性胃腸炎」の集団発生が全国各地で報告されております。原因の大部分は、「ノロウイルス」(※注)によるものです。一般には軽症例が多いのですが、要介護高齢者が罹患した場合は重症化する場合があります。また、ノロウイルスは感染力が極めて強いので、各施設において感染症の標準予防策を徹底しないと、介護サービスを介して容易に感染が拡大してしまいます。

(※注)ノロウイルス: 以前はSRSV(小型球形ウイルス)と呼ばれていましたが、国際的に名称が変更されました。このウイルスは、飲食物や手指を介して口から侵入しますが、数十個のウイルスを飲んだだけで胃腸炎を起こすので、糞便や吐物等を処理する際の汚染回避(手袋、マスクの着用等)が特に重要です。


《施設で気をつけることは・・・》
●入所者の健康状態を巡回ごとに把握し、胃腸炎症状(特に下痢や嘔吐)があれば医師(嘱託医)に報告し、診察や治療を受けるようにしてください。また、胃腸炎患者の増加傾向を認めた場合は、医師に相談のうえ、すぐに村山保健所にも連絡してください。
 
●職員は、感染症の標準予防策を徹底してください。特に手指の洗浄(手洗い)については、看護・介護従事者全員で実地研修を行うよう計画してください。
●入所者の食事介助の前に、職員は手洗いを十分行い、擦り込み式の手指消毒剤を用いた消毒を行ってください。(手荒れに注意し、ハンドケアにもご留意ください。)
●おむつ交換や吐物の処理時には、予防衣・マスクを着用し、使い捨ての手袋を着用し、1処置1手袋で対応してください。   

●感染性胃腸炎の症状のある方は、可能なかぎり個室で対応するか、同じ症状の方は1つの部屋または区域でまとめて対応してください。
●感染性胃腸炎発生時は、施設全体で行う行事や、飲食はできるだけ避けてください。
●入所者に胃腸炎症状がある場合は、脱水症や嘔吐時の誤飲等に十分注意してください。

《入所者が気をつけることは・・・》
●食事やおやつの前の手洗いの励行、手洗いできない方には擦り込み式手指消毒剤を使い、よく擦り込んであげてください。(ハンドケアに注意)
●面会者の手洗い、有症状者の面会制限等も考慮してください。

嘔吐物処理をマスターしましょう(PDF307.0KB)
施設内感染対策についてはこちら(PDF84.7KB)
感染性胃腸炎リーフレット(PDF99KB)




 

◆村山保健所_感染症についてへ戻る◆

 

 

 

 

 

◆◆村山保健企画課トップページへ◆◆

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション