ホーム > 産業・観光・しごと > 農業 > 農山漁村振興 > 山地防災ヘルパー制度について

山地防災ヘルパー制度について

山地災害から住民の皆さんの生活を守るためには、日頃から危険地区を把握し、その情報をもとに適切な対応をとることが必要です。

そこで、ボランティアとして活躍しているのが山地防災ヘルパーです。山地防災ヘルパーは、市町村職員や治山事業の経験者、企業の方々などを対象として県が認定しています。

山地防災ヘルパーの方々には山地災害情報の提供や治山施設・地すべり防止施設の点検などに取り組んでいただいており、これらの情報は行政上の貴重な資料として役立っています。

 

防災ヘルパー活動写真

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成22年6月14日作成

関連情報