ホーム > 産業・観光・しごと > 林業・水産業 > 林業振興 > 山形県の特用林産物

山形県の特用林産物

  山形県は県土面積の約7割が森林であり、その豊かな森林から生産されるきのこ・山菜などの特用林産物は、中山間地域等の所得向上、及び雇用機会の創出に貢献しているとともに、農山漁村地域の産業や文化、地域コミュニティ等を支える基盤となっています。

特用林産物とは  

 「特用林産物」とは、食用とされる しいたけ、えのきたけ、ぶなしめじ等のきのこ類、樹実類、山菜類等、非食用のうるし、木ろう等の伝統的工芸品原材料及び竹材、桐材、木炭等の森林原野を起源とする生産物のうち一般の木材を除くものの総称です。

  これらの生産は、農山村における地域資源を活用した産業の一つとして、地域経済の安定と就労の場の確保に大きな役割を果たしています。

 生産状況

  • 生産量は、きのこ類で「なめこ」、山菜類で「わらび」「ねまがりたけ」「たらのめ」が全国上位となっています。(平成29年特用林産生産統計調査)
品 目 

生産量

(トン)

順位

(都道府県)

品 目 

生産量

(トン)

順位

(都道府県)

 生しいたけ

原木しいたけ

 1494.3 13位

 わらび

わらび

 382.01位

 なめこ

菌床なめこ

 4,843.3  2位

 乾ぜんまい

乾ぜんまい

 1.5 4位

えのきたけ

えのきたけ  1708.0 9位

 ねまがりたけ

ねまがりたけ

 23.8 1位

 ひらたけ

ひらたけ

 71.2 7位

 たらのめ

たらのめ

 49.2 1位

ぶなしめじ

ぶなしめじ

2,387.9 11位

 白炭

白炭

 51.3 7位

まいたけ 

 まいたけ

182.6 10位

 黒炭

黒炭

 15.9 28位

きのこ類計

  10,822.7 6位    
 ※その他については右記のリンク「【農林水産省】特用林産物生産統計調査」をご覧ください。
 
  • 産出額は、次のとおりとなっています。(平成28年林業産出額)
項目

産出額

(千万円)

順位
(都道府県)

備考
薪炭生産5  11位まき、木炭
栽培きのこ類生産524 9位しいたけ、なめこ、えのきたけ等
林野副産物採取 6位まつたけ、くり、生うるし等

※詳細は右記のリンク「【農林水産省】生産林業所得統計」をご覧ください。

 お知らせ

 

第32回山形県きのこ品評会が開催されました

  平成30年11月28日~29日に山形県山菜・きのこ振興会が主催した山形県きのこ品評会が新庄市の最上広域交流センターゆめりあ を会場に開催されました。

この品評会は山形県産きのこの品質並びに栽培技術の向上を図るとともに、生産意欲の高揚を図り、きのこ産業の振興発展に寄与することを目的としています。
審査の結果、主な受賞者は次のとおりです。

  農林水産大臣賞  菅 広悦(最上郡最上町) 部門:生しいたけ 菌床栽培
  林野庁長官賞  井上勝敏(最上郡鮭川村) 部門:なめこ 菌床(ビン)栽培

  山形県知事賞  五十嵐喜美男(最上郡鮭川村) 部門:生しいたけ 菌床栽培 

 

平成30年度山形県きのこ料理コンクールが開催されます

平成30年12月15日(土)に山形県山菜・きのこ振興会主催による「平成30年度山形県きのこ料理コンクール」が開催されます。

このコンクールでの最優秀賞受賞者は平成31年3月に東京都で開催予定の第32回きのこ料理コンクール全国大会に出場することが出来ます。
詳しくは山形県山菜・きのこ振興会のホームページをご確認ください。

   山形県山菜・きのこ振興会のホームページはこちら

 

第31回きのこ料理コンクール全国大会が開催されました

平成30年3月13日に日本特用林産振興会が主催したきのこ料理コンクール全国大会が東京都渋谷区の服部栄養専門学校を会場に開催されました。
この大会はきのこについての正しい知識と料理方法の普及により、きのこの消費拡大を図るため開催されています。
山形県内から次の方が出場し、特用林産振興会長賞を受賞しました。

   阿部 桜子(山形県立新庄神室産業高校1年) 作品名:「きのこと秋の実りのサクサク揚げ~三種のソース添え~」 日本特用林産振興会長賞

 日本特用林産振興会の結果速報はこちら

 

第23回山形県木炭品評会が開催されました

 平成30年2月15~16日に山形県木炭文化協議会、置賜林業推進協議会が主催した山形県木炭品評会が飯豊町の中部地区活性化センターを会場に開催されました。
 この品評会は山形県産木炭及び県産木炭を使用した作品を表彰することにより、品質並びに生産技術の向上、新製品の開発を促進し、併せて生産者の意欲の高揚を図り、木炭産業の振興に寄与することを目的としています。
 審査の結果、主な受賞者は次のとおり。

   山形県知事賞 山口 進(西置賜郡飯豊町) 部門:白炭  

   

第30回特用林産功労者賞の決定について

平成29年2月20日、特用林産功労者賞に山形県内から次の方が選ばれました。
特用林産功労者賞は、日本特用林産振興会が、地域の特用林産の振興に永年に亘り尽力され、現在も活躍されている個人を表彰しています。 

     木村 喜実生(最上郡最上町) 作目:まいたけ 

    二戸  修    (最上郡最上町) 作目:しいたけ 

  

山菜の採取に関する注意について

山菜を採りに行かれる場合は、次の事項に御注意願います。 こちら

  

 各地域の情報

  • みんなで食べよう山形のおいしい山菜・きのこ! (村山総合支庁 森林整備課) こちら

  試験研究の情報

特用林産物における山形県森林研究研修センター研究成果です。

 目で見る研究成果 (研究成果を分かりやすく説明したものです。)

  • 平成24年度「広葉樹伐採跡地を効率的かつ確実にワラビポット苗で成園化する技術」 こちら(PDF:29KB)
  • 平成21年度「里山を利用したキノコの通年発生技術の確立」 こちら(PDF:97KB)

 ※その他の試験研究情報はこちら(森林研究研修センター)

 

きのこの採取に関する注意について

きのこを採りに行かれる場合は、次の事項に御注意願います。こちら

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ