ホーム > 産業・観光・しごと > 商工業 > 地域ビジネス・地域産業 > クラウドファンディングサービス「山形サポート」の開設について

クラウドファンディングサービス「山形サポート」の開設について

「山形サポート」について

 新たな資金調達手段であるクラウドファンディングについて、企業や県民による活用を促進するため、

(株)山形新聞社、(株)荘内銀行、(株)山形銀行、(株)きらやか銀行、READYFOR(株)及び山形県が連携協定を締結しました。
 この協定に基づき、クラウドファンディング支援サービス「山形サポート」が開設されましたので、

クラウドファンディングの活用に興味・関心のある方は、ぜひご利用ください。

 

↓リンクはこちら↓

バナーカット

「山形サポート」とは

 山形県内のクラウドファンディングの取組みを紹介し、資金調達を支援するサービスです。

 山形サポートのチラシはこちら(PDF:481KB)

 

○ クラウドファンディングで資金を集めたい方

 現在、クラウドファンディングで資金調達する「プロジェクト」を募集しております。

 広く一般から共感を集め、実施したい活動がありましたら、ぜひ「山形サポート」にご相談ください。

 

○ クラウドファンディングで資金を集めるプロジェクトを支援したい方

 「山形サポート」では、資金を募集する「プロジェクト」を掲載しています。

 そのプロジェクトに共感したり、商品等の「リターン」を受け取りたいと思った方は、「山形サポート」を通じ資金を提供することができます。

 

「山形サポート」のプロジェクトを支援するには

 「山形サポート」のプロジェクトを支援するには、以下の2つの方法があります。

 

 ①クレジットカード払い

 ②銀行振込(1万円以上の場合のみ)

 

 ※支援する際には、READYFORへの会員登録又はfacebookのアカウントによるログインが必要です。

 

 入金が難しいという方は、山形サポートの「ご相談・問い合わせ」フォーム又は事務局(山形新聞社システム局メディア部)までお問い合わせください。

 

クラウドファンディングについて

クラウドファンディングとは

 クラウドファンディングは、“Crowd(人々、一般大衆)”と“Funding(資金調達)”を合わせた造語で、一般の人々から資金調達を行う仕組みです。

 資金需要者と資金提供者をインターネット経由で結び付け、多数の資金提供者から少額ずつ資金を集めることで、必要な資金を調達することができる手法です。

 

クラウドファンディングの流れ

 クラウドファンディングの一般的な流れです。 

 

 

① 資金を調達したい人が、仲介事業者にウェブ上での掲載を申し込みます。

② 仲介事業者が、プロジェクトの共感度の強さやリターンの確実性等を審査します。

③ 審査を通過したプロジェクトが、ウェブ上で掲載されます。

④ 不特定多数の個人がウェブ上で、共感し、リターン等に満足したプロジェクトへの資金提供を申し込み、振込やクレジット決済により資金を提供します。

⑤ 資金調達者は提供された資金を活用して、プロジェクトを実行します。

⑥ プロジェクト実行後に、資金提供者へ商品や事業の実績に応じた金銭等を提供します。

⑦ 仲介事業者に対し、システム手数料や成功報酬を支払います。

 

クラウドファンディングの活用例

 

○ 新たな資金調達手段として

 クラウドファンディングでは、中小企業等が不特定多数の個人から直接に資金を調達をすることができます。

 

○ マーケティングやファンづくりの手段として

 新たな製品・サービスや作品を世に出す際に、資金の集まり具合によって「どの程度社会から求められているのか」を知る手がかりとなります。

 また、県内外にプロジェクトを発信することで知名度が向上し、その企業や個人の「ファン」の増加に繋がる可能性があります。

 

○ 地域の活性化の手法として

 県内外の資金提供者が直接的にモノやサービスを購入することで資金が循環し、地域活性化の効果も期待できます。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ