ホーム > 産業・観光・しごと > 商工業 > 工業技術 > 「山形県林工連携コンソーシアム」について

「山形県林工連携コンソーシアム」について

1 「林工連携」とは 

概要

 「林工連携」は、林業、木材産業、工業及び建築関係事業者や関係分野の大学・研究機関等が相互に連携しながら、森林資源を起点とした新たな技術や製品の開発を目指すものです。


 【林工連携の例】
  林工連携の例(木質チップ圧縮脱水装置) 林工連携の例(ペレットストーブ) 林工連携の例(木製ブロック)
     木質チップ圧縮脱水装置              ペレットストーブ                 木製ブロック
 

 2 コンソーシアムについて

 木質バイオマス利用に係る技術開発、林業・木材加工用機械の開発など、林工連携を推進することにより、新たな木材の需要を喚起し、雇用の創出を図るため、平成29年9月15日に設立されました。
 コンソーシアムでは、会員相互の情報共有や研修会等の開催等、新たな技術、製品の開発を目指し活動を展開します。
 
(活動内容)
  • 林工連携に関する情報(先行事例や木材調達など)の提供
  • 会員を対象とした研修会・交流会の開催   など
 
【設立総会】
 設立総会の様子 若松副知事あいさつ
 設立総会の様子              若松副知事あいさつ 
  

3 会員について

入会できる方(会費:無料)

  • 県内に事業所又は事務所を有する、林業、木材産業、工業又は建築関係の事業者又は団体
  • 県内の大学、研究機関又はその研究者
  • 県内に事業所を有する金融機関
  • 県内の行政機関

 

○会員数 76(平成29年9月15日現在)  

入会申込み方法

入会申込書に御記入の上、事務局まで電子メール又はFAXでお送りください。

 

・コンソーシアム会則(PDF形式:193.2KB)

・コンソーシアム会員募集チラシ(PDF形式:304.8KB) 

・入会申込書(word形式 :15.8KB)

こんな思いがあればぜひ入会を!

  • 他社と連携して、県産木材を活用した新たな技術、製品を開発したい!
  • 県産木材を売り込みたい!使ってもらいたい!
  • 自社の技術を生かして、県産木材を活用した新たな技術、製品を開発したい!

入会申込先

山形県林工連携コンソーシアム事務局

 (山形県農林水産部林業振興課 森林ノミクス推進担当)

・電話:023-630-3218    ・FAX:023-630-2238

・E-mail:y-rinko「at」pref.yamagata.jp (「at」を@に置き換えて送信してください。)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ