ホーム > 産業・観光・しごと > 商工業 > 各種計画・指針・報告書等 > 「山形県国際戦略」の改定について

「山形県国際戦略」の改定について

「山形県国際戦略」について

 策定の主旨

○ 山形県では、平成22年度に「山形県国際経済戦略」を策定し、「アジアと共に成長・発展する山形」を基本目標として、海外事業の展開、県産品の輸出振興、国際観光の振興等に取り組んできました。また、同じく平成22年度に「山形県における国際化推進の方向性」策定し、国際交流・協力の推進、県民の国際理解の推進、在住外国人の支援等を進めてきたところです。
○ 両計画が、いずれも平成26年度で終了することから、両計画を一本化し、内外環境の変化等を踏まえて、本県の国際展開の基本指針となる新たな国際戦略「山形県国際戦略」を平成27年3月に策定しました。

山形県国際戦略の概要

1 目指す姿

 ○ 成長するアジアとの交流・取引の拡大による本県産業の安定的な発展
   ~『実りの国‐Fruitful Yamagata(フルーツフル・やまがた)‐』ブランドによる海外取引の拡大、外国人観光客など人的交流の拡大~

2 取組みの基本方針

 ○ 台湾、香港、中国、ASEAN等を重点地域とした取組み
 ○ 国際交流、経済交流、観光交流の一体的な推進
 ○ 関係機関の連携強化(支援機関、金融機関、現地県人会等)

3 施策の展開方向

 ○ 国際交流の拡大
 ○ 県内企業の海外取引の拡大
 ○ 市場特性に応じた観光誘客の拡大
 ○ 国際物流の推進

4 推進体制と手法

 ○ 地支援体制の検証と見直し
 ○ 推進機関の連携
 ○ 情報発信の強化
 ○ 進行管理等

「山形県国際戦略検証委員会」について

 設置の主旨 

○ 「山形県国際戦略」に基づき、国際交流、観光交流、経済交流を一体的、総合的に進めるとともに、検証・評価を行い、より効果的な施策展開につなげていくため、外部有識者による「山形県国際戦略検証委員会」(以下、「検証委員会」)を設置しています。 

検証委員会における協議事項等

○ 「山形県国際戦略」に基づく事業の実施状況及び施策展開にあたっての課題
○ 今後の効果的な施策の展開方針  など

平成29年度第1回山形県国際戦略検証委員会の開催

○ 日時:平成29年12月6日(水)午前10時~正午
○ 場所:山形県庁1001会議室(10階)
○ 議事                                        
(1)報告
  ①サンフランシスコでの知事トップセールス実施概要について
  ②外航クルーズ船(コスタ ネオロマンチカ) 酒田港初寄港について
  ③山形県観光復興対策実施計画の中間評価及び平成29年度山形県観光復興対策交付金活用事業について
(2)審議
  ①「山形県国際戦略」に基づく平成29年度の主要な施策の取組状況・課題及び今後の展開方針(案)について
  ②「山形県国際戦略」に基づく海外活動・支援体制について
  ③「山形県国際戦略」の目標指標『県産農産物の輸出数量』の改定について
 

山形県国際戦略検証委員会設置要綱及び委員名簿

目標指標(県産農産物の輸出数量)の改定(上方修正)について

改定の主旨

○ 山形県国際戦略(平成27年3月)では、新農林水産業元気再生戦略(平成25年度~28年度)に掲げる県産農産物輸出量の目標指標の650tとしており、平成29年度以降に見直すこととしていた。
○ 平成29年3月に第3次農林水産業元気再生戦略(平成29年度~32年度)が策定され、その中で目標指標として掲げている県産農産物の輸出量1,200t(平成31年度)とするもの(第3次農林水産業元気再生戦略の最終年度である 平成32年度の目標は1,300t)。

改定の概要

「山形県国際戦略」の概要、本文

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2015-03-30 新規掲載(策定のお知らせ)
  • 2016-03-03 変更掲載(目標指標(外国人観光客数)の改訂)
  • 2016-09-23 変更掲載(目標指標(外国人観光客数)の改訂)

関連情報