新たな住宅セーフティネット制度について

民間の空き家・空き室を高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅として登録する制度を創設するなど、住宅セーフティネット機能を強化するための「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律」が、平成29年4月26日に公布、平成29年10月25日に施行されました。

この新たな住宅セーフティネット制度は、以下の3つの大きな柱から成り立っています。

  1. 住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度
  2. 登録住宅の改修・入居への経済的支援
  3. 住宅確保要配慮者のマッチング・入居支援
新たな住宅セーフティネット制度の枠組み(国土交通省資料).pdf

制度の概要について簡単にまとめられている資料です。

※登録申請及び登録情報の詳細についてはこちらをご覧ください。