耐震化への支援情報

県では住宅の耐震化のための改修・建替へ支援を行っております。

耐震改修工事への支援

今住んでいるご自宅の耐震改修をする場合には、耐震改修工事費用に対して県が補助します。

補助事業名

山形県住宅リフォーム総合支援事業(耐震改修分)

住宅等の要件

自ら居住する住宅であること
昭和56年5月31日以前または平成12年5月31日以前に建築されたものであること

補助対象となる工事

住宅の耐震診断の結果に基づき県が定める水準以上の耐震性能を確保する工事

県補助金の額

耐震改修工事に要する費用の25%(上限40万円)

市町村の補助金額

 

さらに27市町村で上乗せ補助を行っています。 (市町村ごとの一覧表は「木造住宅耐震診断・耐震改修助成制度について」をご覧ください。)

建替への支援

今住んでいるご自宅を解体し建て替えをする場合には、建替えする住宅ローンの利子の一部を県が負担する制度が平成30年9月3日より始まります。

補助事業名

山形の家づくり利子補給制度(耐震建替型)

受付期間

支援情報の山形の家づくり利子補給制度を参照

申込みができる方

  • 県内に自ら居住する住宅を新築する方
  • 返済が確実にできる方
  • 期限内までに住宅ローンの契約ができる方

対象となる住宅ローン

  • 住宅の建設費を対象に含むもの
  • 返済期間が10年以上から35年以内のローンまたは【フラット35】

対象となる工事

住宅の新築工事で昭和56年5月31日以前から存在する住宅の除却を伴うもの

補給期間

住宅ローンの返済当初10年間

補給額

住宅ローンの年末残高※1に利子補給率0.4%を掛けた金額(千円未満切り捨て)

※1 年末残高の総額×利子補給計算基礎額※2/融資総額
※2 住宅の建設費または利子補給対象上限のいずれか低い額