平成30年度 山形県住宅リフォーム総合支援事業 ご案内

対象工事を含む住宅リフォーム工事を行う場合、山形県住宅リフォーム総合支援事業がご利用出来ます。

  • 申込窓口は各市町村となります。
  • 予算が無くなりしだい終了となりますので、お申し込みはお早めに!
  • 市町村によっては抽選となる場合もございますので、詳しくは市町村窓口にお問い合わせください。

●対象工事(要件工事)

 

減災・部分補強、バリアフリー化、寒さ対策・断熱化(ヒートショック対策)※、一定量以上の県産木材利用、克雪化(三世代同居世帯として申し込む場合は三世代同居リフォーム工事)のいずれかの内容の工事で、かつ県の定める基準点が10点(工事費が50万円未満の場合は5点)以上となる工事 

◆ 取扱いは市町村によって異なる場合がありますので、詳しくは市町村窓口にお問い合わせください。
◆ 基準点の計算方法は「基準点表」をご覧ください。

※今年度「省エネ化」を「寒さ対策・断熱化(ヒートショック対策)」として見直しました!

対象工事名称工事内容
H29 省エネ化
  1. 高効率給湯器を設置する工事
  2. 再生可能エネルギー利用機器を設置する工事
  3. バイオマス燃焼機器を設置する工事
  4. 外部に面する住宅の開口部の断熱性を高める二重建具等を設置する工事
  5. 熱交換換気システムを設置する工事
  6. 住宅内に電気設備工事を伴う省エネ照明機器を設置する工事
  7. 住宅の既存部分の外気と接する外壁、天井、床等に断熱材を使用する工事
  8. 住宅内に電気設備工事を伴う県産有機EL照明機器を設置する工事
H30 寒さ対策・断熱化
(ヒートショック対策)
  1. やまがた健康住宅認証を受けた改修工事【新設】
  2. 外部に面する住宅の開口部の断熱性を高める二重建具等を設置する工事
  3. 熱交換換気システムを設置する工事
  4. 住宅の既存部分の外気と接する外壁、天井、床等に断熱材を使用する工事
  5. 浴室・脱衣室・トイレ・廊下に設備工事を伴う暖房機を設置する工事
    【新設】

高効率給湯器の設置などは対象工事(要件工事)から除かれましたが、対象工事と同時に行う場合、総額を補助対象とすることができます。

●補助金の額

世帯要件 工事要件・補助率・補助金上限
一般タイプ 県産木材3m3以上使用タイプ 空き家活用タイプ
※中古住宅診断が必要です。
なし 5要件工事のいずれか
補助率10%
上限20万円
県産木材3m3以上使用
補助率10%
上限30万円
5要件工事のいずれか
補助率10%
上限30万円
三世代世帯 三世代同居リフォーム工事
※基準点表別表第3又は第6
三世代同居リフォーム工事
県産木材3m3以上使用
補助率20%
上限40万円
三世代同居リフォーム工事
補助率20%
上限40万円
近居世帯
移住世帯
新婚世帯
子育て世帯
5要件工事のいずれか
補助率20%
上限30万円
県産木材3m3以上使用
補助率20%
上限40万円
5要件工事のいずれか
補助率20%
上限40万円

●利用条件

  • 「自ら所有し、自ら居住する住宅」または「空き家を購入・相続・贈与で取得または賃借して居住する住宅」であること。
  • 山形県内に住所を有する個人事業者または山形県内に本店または主たる事業所を有する法人事業者が工事を施工すること。

◆ 市町村内の業者に限定するなどの要件がある市町村もありますので、詳しくは市町村窓口にお問い合わせください。

平成30年度山形県住宅リフォーム総合支援事業 ご案内(PDF) リフォーム補助の手引き(PDF)