ホーム > すまいる山形暮らし情報館(山形への移住情報) > 移住・定住に活用できる優遇措置・支援制度 > 県の支援策

県の支援策

 山形県では、移住された方が活用できる様々な支援策を準備しています。ここでは、県の支援策を紹介します。
事業名をクリックすると、各事業のページにリンクしています(一部リンクなしもあります)。
事業の詳細についてお知りになりたい場合は、リンク先をご覧になるか、各担当課へお問合わせください。

住まいに関する支援

山形県住宅リフォーム総合支援事業
住宅のリフォームや耐震改修工事の費用に対して補助します。「移住世帯」には、補助率や補助金の上乗せがあります。

県内各市町村担当窓口

山形の家づくり利子補給制度
住宅を新築した際の住宅ローンの利子の一部を県が負担します。「移住世帯」の住宅は要件が緩和されます。

建築住宅課
023-630-2154
■仕事に関する支援

山形県Uターン情報センター
U・Iターン就職についての就職相談、情報提供、無料職業紹介を受けることが出来ます。

東京事務所
03-5212-8996

やまがた21人財バンク
山形県にU・Iターンして転職、就職したい方などと山形県内の求人企業とのマッチングを支援しています。

雇用対策課
023-630-2711

やまがたチャレンジ創業応援事業
創業プラン策定、融資相談、専門家の無料派遣等の実施や、創業塾・セミナー開催など、創業者の支援を行います。また、新たに創業する方に対して、創業経費の一部を最大6カ月間助成します。

中小企業振興課
023-630-2290
■就農に関する支援

独立就農者育成研修事業
独立就農に必要な農業技術と経営の研修を2年間実施します。

農業経営・担い手支援室
023-630-2384

青年就農給付金
青年層(原則45歳未満)で新規就農を目指す方を支援します。
①準備型:年間150万円を最長2年間給付します。
②経営開始型:年間最大150万円を最長5年間給付します。

農業経営・担い手支援室
023-630-2384

新規就農定着サポート事業
農業経営基盤を持たない認定新規就農者に助成します。
①営農に関する費用の一部を助成(最大360,000円)
②定着支援アドバイザーに関する費用の一部を助成(最大100,000円)

農業経営・担い手支援室
023-630-2384

アグリインターンシップ
農業体験、就農に向けた相談の機会として「やまがた農業体験バスツアー」や農業及び農家の生活を実体験していただく「やまがた農業短期体験プログラム」を実施しています。

農業経営・担い手支援室
023-630-2384
■子育て・結婚に関する支援

子育てタクシー
専門の講習を受けたドライバーが、乳幼児を連れた外出や、保育園、塾やスポ少の送迎を支援します。

子育て支援課
023-630-3345

子育て応援パスポート
妊婦又は小学6年生までの子どものいる家庭が対象で、3,200店舗を超える協賛店でパスポートカードを提示すると、価格の割引や景品のプレゼントなどの特典が受けられます。

子育て支援課
023-630-3345

マザーズジョブサポート山形
子育て中の女性の仕事と子育ての両立への悩みなどの相談や職業紹介の支援などをワンストップで行う総合相談窓口をハローワークに設置しています。

若者支援・男女共同参画課
023-630-2727

やまがた出会いサポートセンター
“Web”による1対1の出会いの機会の提供支援、県内で開催されているイベントの情報発信などを行っています。また、交際中の悩み相談等もサポートします。

子育て支援課
023-630-2668
■ひとり親家庭に関する支援

ひとり親家庭子育て生活支援事業
事前に登録すると、一時的に生活援助・保育サービスが必要な場合に家庭生活支援員(ヘルパー)がお手伝いします(所得に応じて自己負担があります)。

子ども家庭課
023-630-2263

高等職業訓練促進給付金
保育士や看護師等の資格を取得するために養成機関に入学した場合、月額10万円又は70,500円を支給します。

子ども家庭課
023-630-2263

生活応援給付金
上記の高等職業訓練促進給付金を受給している方に対して、県と市町村が独自に月額50,000円を上乗せ支給します。

子ども家庭課
023-630-2263

住まい応援給付金
上記の高等職業訓練促進給付金を受給して、民間アパート等に入居している方に対して、県と市町村が独自に月額20,000円を支給します。

子ども家庭課
023-630-2263

トップページへ戻る

 
 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション