ホーム > 県政情報 > 知事室 > 知事の動き > 山形県政トピックス > 2017年 > 山形県政トピックス2017年10月

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

山形県政トピックス 2017年10月

このページでは、県政の様々な出来事を紹介しています。

県政トピックスのメインへ 前月へ 翌月へ

10月25日(水曜日)

東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー フラッグ歓迎イベント(山形市)

東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーの様子東京2020大会に向けて機運を盛り上げることを目的に、フラッグツアーの歓迎イベントが文翔館で開催されました。

オリンピックフラッグはアンバサダーの池田めぐみさんから吉村知事と斎藤恵依さん、長岡愛海さん(ともに山形市立第三小6年)、八重樫鉄馬さん(山形市立第七小6年)に、パラリンピックフラッグは東京2020組織委員会 遠藤会長代行から吉村知事と安部遥斗さん、佐藤美華さん(ともに山形県立聾学校中学部1年)にそれぞれ引き継がれました。

吉村知事は「ぜひ多くの皆様に東京2020大会に関心を持っていただき、また、ホストタウンの取組みなどを通して、山形県民みんなで世界の選手やお客様を、心をこめておもてなしを行い、大会の成功、そしてスポーツの振興と地域の活性化を実現してまいりましょう。」とあいさつしました。

受け取ったフラッグは、11月18日まで、県内11市で巡回展示されます。

ページの先頭へ戻る

10月17日(火曜日)

山形県科学技術奨励賞授与式(山形市)

山形県科学技術奨励賞授与式の様子科学技術に関して、優れた成果をあげた県内の若手研究者を表彰する第16回山形県科学技術奨励賞授与式が山形県自治会館で開催されました。今年度の受賞者は「野生動物の低コストモニタリング技術の開発」を行った山形大学の江成広斗さん、「ナノスケールの相互作用に着目した低摩擦摺動システムの研究開発」を行った鶴岡工業高等専門学校の上條利夫さん、「メタボローム解析装置を用いた各種分析法の開発およびこれを用いた疾患研究」を行った慶應義塾大学先端生命科学研究所の平山明由さんの3名で、吉村知事から賞状と副賞のレリーフが授与されました。

吉村知事は、受賞者の栄誉を称えるとともに「試験研究、技術開発は本県の財産。研究成果が本県の産業振興や県民生活の向上に結びつくことを期待しています」とあいさつしました。

授与式の後には、受賞者3名の研究発表と平成28年度県試験研究機関の優秀研究課題の成果発表が行われました。

ページの先頭へ戻る

10月12日(木曜日)

「つや姫」「雪若丸」トップセールス(東京都)

「つや姫」「雪若丸」トップセールス(東京都)の様子デビュー8年目を迎える「つや姫」の新米販売開始と新品種「雪若丸」の先行販売をPRするため、銀座三越において、吉村知事がトップセールスを実施しました。

当日は、「山形新米フェア」が開催され、多くの買い物客で賑う中、来場者プレゼントとして準備した、「つや姫」と「雪若丸」(各150g)は10分余りですべてなくなる盛況ぶりでした。同会場で行われた試食では、「つや姫はおいしくていつも食べている」、「雪若丸は粒がしっかりしておいしい」との声が聞かれました。

吉村知事は、「『つや姫』の弟、『雪若丸』が誕生しました。二つのお米をご賞味いただき、ぜひ応援していただきたい」と述べました。

お問い合わせ

総務部広報広聴推進課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2089

ファックス番号:023-634-4532