ホーム > 県政情報 > 知事室 > 知事の動き > 山形県政トピックス > 2018年 > 山形県政トピックス2018年7月

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

山形県政トピックス 2018年7月

このページでは、県政の様々な出来事を紹介しています。

県政トピックスのメインへ 前月へ

7月20日(金曜日)

「山形県の先進技術開発拠点訪問(山形大学工学部)」(米沢市)

山大工学部訪問の様子吉村知事は、本県の先進技術を視察するために、米沢市にある山形大学工学部「有機材料システムフロンティアセンター(11号館)」を訪問しました。

同センターは、有機材料を核に印刷エレクトロニクス・3Dプリンターなどの異分野融合と産学連携の国際的な拠点として技術革新に取り組んでいます。

今回は、3Dゲルプリンターを世界ではじめて開発した古川英光研究室を訪問しました。現在、医療や食品分野との連携が進められており、吉村知事は実際にプリンターで作ったお菓子(ゼリー)を興味深く手にとり、いただきました。

また、小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載されている軽量ロボットについて、妻木教授と峯田教授から説明を受け、山形発の先端技術が宇宙でも活躍していることに感心していました。

ページの先頭へ戻る

7月15日(日曜日)

国道47号新庄古口道路(津谷~古口)開通の感謝を伝える会(戸沢村)

国道47号新庄古口道路(津谷~古口)開通の感謝を伝える会の様子国道47号新庄古口道路(戸沢村津谷~古口間)の開通行事が、吉村知事のほか、渡部戸沢村長、山尾新庄市町や県選出国会議員、事業に協力いただいた関係者など多くの方々の参加のもと行われました。事業概要説明、地元代表者からのメッセージ、テープカットの後、走り初めを行いました。

吉村知事はあいさつで、「新庄古口道路の開通により、災害発生時等の代替ルートの確保など信頼性向上や最上地域と庄内地域のアクセス改善による県内全体の観光及び産業振興が図られることが期待されているところです。『やまがた創生』実現のためにかかせない高速道路ネットワークの形成のため、全線開通に向け、全力で取り組んでまいります」と述べました。

ページの先頭へ戻る

7月8日(日曜日)~12日(木曜日)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)授賞式及び英国でのプロモーション(英国・ロンドン)

インターナショナルワインチャレンジ(ロンドン)の様子世界最大規模のワイン品評会であるIWCの授賞式が7月10日にロンドンで開催され、「SAKE部門」審査会の開催地代表として、吉村知事が出席しました。授賞式では、本県の東北銘醸株式会社が、今年の審査会に参加した456蔵の中で最も評価の高い酒蔵に贈られる「年間最優秀酒蔵」を受賞し、改めて「日本一美酒県」を国内外にPRすることができました。

また、日本国大使館やロンドン市内のレストランにおいて、現地の日本酒取扱関係者や旅行、メディア関係者に対し、県産日本酒をふるまいながら、豊かな自然や精神文化など、本県の優れた魅力を紹介しました。さらに、英国在住の本県ゆかりの方や日本酒に造詣が深く発信力のある方5名を新たに「やまがた特命観光・つや姫大使」に委嘱するなど、本県のプロモーション活動も併せて実施しました。

このたびの訪英やIWC「SAKE部門」審査会の開催を通して構築したネットワークを活用して、今後も、世界に向けた情報発信を行っていきます。

お問い合わせ

総務部広報広聴推進課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2089

ファックス番号:023-634-4532