ホーム > 県政情報 > 知事室 > 知事の動き > 山形県政トピックス > 2019年 > 山形県政トピックス2019年7月

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

山形県政トピックス 2019年7月

このページでは、県政の様々な出来事を紹介しています。

県政トピックスのメインへ 前月へ 翌月へ

7月31日(水曜日)

山形県奥羽・羽越新幹線整備実現同盟 令和元年度促進大会・シンポジウム(山形市)

促進大会・シンポジウムの様子フル規格新幹線の早期実現を目指して平成28年5月に設立した、「山形県奥羽・羽越新幹線整備実現同盟」の令和元年度促進大会・シンポジウムが開催されました。

開会にあたり会長の吉村知事は、「地域間の結びつきをより強固なものとするため、福島~米沢間のトンネル、そして両新幹線の実現に向けて、引き続き各地域や業界等における運動の旗振り役として、本同盟の取組みを推し進めていただきたい」と挨拶しました。

続けて「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢-福島間トンネル整備実現同盟会」の推薦を受けた東京外国語大学4年の佐藤桃華さんより、「若い世代こそがフル規格新幹線をはじめとしたインフラ整備についてより考える必要があること、フル規格新幹線が一日も早く実現し、より多くの人に山形の良さを知ってもらいたい」と意見発表しました。

その後、シンポジウムにおいて、KEN OKUYAMA DESIGN(代表:奥山清行氏)の平田ディレクターが「フル規格新幹線整備の意義と効果~福島~米沢間トンネルがつなぐ山形の未来~」と題して講演を行い、「フル規格新幹線が実現し、各都市との移動時間が短くなることで、より多くの情報が得られ、より多くの情報を山形から直接発信できるようになる」とお話をいただきました。

ページの先頭へ戻る

7月23日(火曜日)~24日(水曜日)

全国知事会議(富山県)

知事会議の様子富山市で開催された会議では、防災関係から、社会保障関係、地方創生や人づくり関係、スポーツ・文化・観光関係に至るまで、大変幅広いテーマで議論が行われました。

吉村知事は、全国知事会の男女共同参画プロジェクトチームのリーダーとして、「女性の活躍・ウーマノミクスを加速し、経済活性化」をテーマに、子育てと仕事の両立支援をはじめとして「女性も安心して長く働き続けられる職場環境の整備」や、「介護離職ゼロ!を目指した、介護と仕事の両立支援」、「女性と男性が互いに人権を尊重する取組みの促進」など、6項目の提言について報告し、決定されました。

また、先月発生した山形県沖を震源とする地震関連の復旧支援における災害ボランティアの重要性について発言を行うとともに、若者の人口減少を抑制する地方大学の振興に関連して定員増と留学生支援の重要性について提案し、その趣旨が提言に盛り込まれました。

ページの先頭へ戻る

7月6日(土曜日)

知事と漁業関係者との意見交換会(鶴岡市)

意見交換会の様子本県漁業の振興に向け、地域の実情を踏まえた効果的な施策の展開につなげていくため、水産振興に係る諸課題や県施策について話し合う、「意見交換会」が県水産試験場「おいしい魚加工支援ラボ」で開催されました。

最初に、山形県沖を震源とする地震による被災の状況の報告がなされました。続いて、漁港の整備、最新の機器を使う漁業、魚食普及、水産物のブランド化など本県水産業を取り巻く現状への意見が出され、吉村知事がそれらに対する考え方、今後の対応について回答する形で、活発な意見交換が行われました。

吉村知事は「いただいた意見については、しっかりと検討し、できる限りの対応をしていきたい。ハード整備はもちろん、担い手の育成も重要であり、今後の漁業をどうしていくのか、沿岸の市や町とも十分話合いをしていただきたい。」と述べました。

ページの先頭へ戻る

7月5日(金曜日)

「山形県総合文化芸術館」緞帳製作現場視察(山辺町)

緞帳製作現場視察の様子1緞帳製作現場視察の様子2今年12月1日にプレオープン、来年3月29日に開館を予定している山形県総合文化芸術館の大ホールに設置する緞帳の製作現場を、寄贈者の山形銀行長谷川取締役頭取、デザインを手掛けた奥山清行氏とともに、吉村知事が視察を行いました。

この緞帳は「『紅』-BENI-」というタイトルで、山形を象徴する「紅花」と「自然」をモチーフに、赤をメインテーマカラーとして郷土の過去・現在・未来が色鮮やかに表現されています。月山の雪や絹などの白から、紅花の黄色が太陽のごとく光り、それが染料に純化された真紅は東北の祭りや秋の収穫を表し、オシドリやアケビやもってのほかの紫に溶け込んでいく様子が、絶妙なグラデーションで表わされています。

製作はオリエンタルカーペット株式会社(山辺町)。世界に誇る山形緞通のぼかしがあってこそ実現可能なデザインです。

吉村知事は、製作中の緞帳を前に「予想を上回る美しさに息をのんだ。県民の皆さんに実際に見に来ていただき、山形の職人の技術と心意気も感じてほしい。」と述べました。

お問い合わせ

総務部広報広聴推進課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2088

ファックス番号:023-634-4532