更新日:2019年4月24日

ここから本文です。

選挙運動について

ご意見

家の前を選挙運動用自動車が通りました。熱心に選挙運動をされているのはいいのですが、住宅街を通る際は、ボリュームを抑えていただきたいです。
家には生後3ヶ月の子どもがおり、音が大きいとびっくりし、泣き出し、ゆっくり眠れない様子です。
住宅が多い場所を通るのならば、赤ちゃんがいるお宅があるかもしれないと考慮することも選挙運動には大事ではないでしょうか。(2019-04-04)

県の取組状況

山形県選挙管理委員会は、公正な選挙の管理執行に努めるとともに、明るくきれいな選挙の推進に取り組んでおります。
立候補者による選挙運動用自動車での拡声器の使用による連呼行為について、大音量に関する定めはありませんが、公職選挙法第140条の2において、午前8時から午後8時までの間に限り認められること、また、学校、病院、診療所その他の療養施設の周辺においては静穏の保持に努めることとされております。
当委員会としましては、この度の御意見も十分踏まえながら、今度とも関係機関と連携し、法律の趣旨に沿った選挙運動を呼び掛けてまいります。(2019-04-11 実施中・実施済)

( 選挙管理委員会事務局 )