ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 注意喚起情報 > 新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意!

更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意!

新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

【相談事例】

  • 給付金の申請に必要となるので、銀行口座の番号とパスワードを教えるよう言われた
  • 給付金の申請のための事務手続費用を振り込むように言われた
  • 「マスクが購入できる」というSNSの書き込みをみて通販サイトで申し込んだが不審だ
  • 「マスクが買えるサイトがある」というSNSの広告を見てマスクを注文したが不審なのでキャンセルしたい
  • 市の新型コロナウイルス対策室を名乗り、個人情報を聞き出す不審な電話を受けた
  • 携帯電話会社名で、新型コロナウイルス関係の助成金を配布するとのメールが届いた
  • 市役所職員を名乗る男から非通知で不審な電話がかかってきた
  • 「行政からの委託で消毒に行く」という電話がかかってきた
  • 不審なマスク販売広告メールがスマートフォンに届いた
  • 水道業者を名乗る者から「水道管にコロナウイルスが付着している。除去するために数万円かかる」と言われた
  • マスクを無料送付するというメッセージがスマートフォンに届いた
  • 新型コロナウイルス流行拡大の影響で金の相場が上がるとして、金を買う権利を申し込むように言われた

“コロナウイルス”と言われると不安になるかもしれませんが、その場ですぐに契約せず、家族や周囲の人に相談しましょう。

給付金については、現時点では各市区町村が住民に対して連絡を行う段階にはありません。また、申請の手続費用も不要です。このような電話やメール、請求があっても、決して取り合わないようにしましょう。

マスクの品薄が続いている状況に便乗して「マスクが購入できる」「マスクが買えるサイトがある」というSNSの書き込みやフェイク広告で消費者の関心を惹き、不審な通販サイトへ誘導する手口は、フィッシングサイトの恐れもありますので、インターネット通販を利用する際は、SNSの書き込みや広告を鵜呑みにせず、リンク先の通販サイトの住所、電話番号表示や注文手続きに不審な点がないか慎重に確認しましょう。

行政機関の職員を名乗るあやしい電話や、「行政から委託を受けている」と言って自宅を訪問しようとする業者からの電話には応じないようにしましょう。
また、心当たりのない送信元から怪しいメールが届いても反応せず、悪質な勧誘には耳を貸さないようにしましょう。
今後、新たな手口の勧誘が行われる可能性があります。不審に思った場合やトラブルにあった場合は、慌てずに最寄りの消費生活センター等に相談しましょう。

【注意喚起チラシ】

新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法・詐欺に注意!(PDF:1,887KB)

【関連リンク】

お問い合わせ

防災くらし安心部消費生活センター消費生活相談担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3239

ファックス番号:023-625-8186

右ナビ-管理ナビ