ホーム > くらし・環境 > 環境・リサイクル > エネルギー > この夏、節電にご協力ください

更新日:2022年7月5日

ここから本文です。

この夏、節電にご協力ください

東北電力によると、今夏の電力供給は非常に厳しい見通しとなっています。

熱中症に注意しながら、無理のない範囲で、節電・省エネにご協力をお願いします。

setsuden

令和4年夏・節電呼びかけチラシ

(PDF:1,596KB)

 

夏は、エアコン・冷蔵庫の電力消費が特に大きくなります!

graph.png

左図は、夏季の家庭において、電力消費が特に多い日の電力の使用割合をグラフにしたものです。

エアコン、冷蔵庫で5割以上を占めており、節電の際にはこれらの省エネが大きなポイントになります。

(出典:平成30年度電力需給対策広報調査事業(資源エネルギー庁)より作成)

 

 

 

家庭で取り組める節電アクションの例

【エアコン】

eakon.png室内の冷やしすぎに注意しましょう。(室温の目安:28度)

※室内でも熱中症にはご注意を!

フィルターをこまめに清掃しましょう。

 

 

 

【冷蔵庫】

reizouko.png庫内の冷やしすぎを避けましょう(強→中)。

扉を開ける時間を減らしましょう。

食品を詰め込みすぎないようにしましょう。

 

 

 

【照明】

shomei.png不要な照明はこまめに消しましょう。

リビングや寝室の照明の明るさを下げましょう。

 

 

 

 

【給湯器・炊飯器・電気ポット】

kyuto.png入浴は続けて行い、お湯の使用量を減らしましょう。

保温時間を短くしましょう。

 

 

 

【テレビ・パソコン等】

tv.png省エネモードに設定し、画面の輝度を下げ、見ていないときは消しましょう。

リモコンの電源ではなく、本体の主電源を切りましょう。

 

 

 

【洗濯機・乾燥機】

sentaku.png洗濯物はまとめて洗い、自然乾燥も活用するなど、使用回数を減らしましょう。

 

 

 

 

【その他】

sonota.png長時間使わない家電は、コンセントからプラグを抜きましょう。

便座の暖房・温水設定をOFFにしましょう。

消費電力の多い家電は、電力使用量が多いピーク時間をずらして使用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

山形県「省エネ家電買換えキャンペーン」実施中(令和4年9月30日まで)

県では、「省エネ・節電」につながる省エネ家電への買換えを促進する「省エネ家電買換えキャンペーン」を実施しています。

最新の家電は非常に省エネ性能が高く、大幅なエネルギー消費の削減につながります。今お使いの家電、古くなってきていませんか?「地球」にも「家計」にもエコな選択をして、カーボンニュートラルへの第一歩を踏み出しましょう。

詳しくは 省エネ家電買換えキャンペーン のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

環境エネルギー部環境企画課カーボンニュートラル県民運動推進室

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2921

ファックス番号:023-630-2133