ホーム > 健康・福祉・子育て > 地域福祉 > 生活支援コーディネーターネットワーク構築事業について

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

生活支援コーディネーターネットワーク構築事業について

高齢者が住み慣れた地域で自立した生活を継続できるよう支援するため、生活支援コーディネーターが担当地域での活動を充実させること、生活支援コーディネーター同士が互いに相談できる関係性を築くことを目的として、情報交換会を開催します。

地区別情報交換会

県内4地区で生活支援コーディネーター地区別情報交換会を開催します。生活支援コーディネーターだけでなく、地域福祉に関心のある方もご参加いただけます。

グループディスカッション

これまでの活動や支援事業の情報交換を行い、新しい生活様式を取り入れた中でこれからのコーディネーターとしての役割を参加者のみなさんと一緒に考えます。

日時・会場・定員

地区 日時 会場 定員
最上

令和2年9月8日(火曜日)

13時30分から16時30分

最上総合支庁 講堂 50名程度
庄内

令和2年9月23日(水曜日)

13時30分から16時30分

庄内総合支庁 講堂 50名程度

詳細はちらしに掲載していますので、次のファイルをご覧ください。

※同様の内容で、村山会場は11月10日(火曜日)に、置賜会場は11月24日(火曜日)に開催予定です。詳細が決まり次第改めてお知らせします。

全体情報交換会

地区別情報交換会終了後、3月に全体情報交換会を行います。詳細が決まり次第改めてお知らせします。