ホーム > 健康・福祉・子育て > 地域福祉 > 生活保護・支援 > 生活福祉資金の特例貸付を受けた世帯を対象とした「食」の支援事業の実施について

更新日:2020年11月2日

ここから本文です。

生活福祉資金の特例貸付を受けた世帯を対象とした「食」の支援事業の実施について

県では、市町村と連携して、下記のとおり、生活福祉資金の特例貸付を受けた世帯を対象とした「食」の支援事業を実施しています。

なお、この事業は、県及び市町村の関係予算成立が前提となります。

  1. 実施期間
    • 令和2年7月2日から令和3年3月31日まで
  2. 目的
    新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、休業・失業等により日常生活の維持が困難となっている世帯の生活の安定と経済的負担の軽減を図るとともに、米に関する外食需要の著しい減少に起因した米価下落の懸念を踏まえ、地域の農家等から県産米(はえぬき)を購入することにより、県産米の利用促進と早期販売による価格安定を図ることを目的とる。
  3. 事業内容
    • (1)支給対象
      県社会福祉協議会が実施する生活福祉資金の特例貸付の貸付決定を受けている世帯(生活保護を受けている世帯を除く)
    • (2)支給内容
      県産米「はえぬき」60kg/世帯(申請時期に応じて1~3回に分けて支給)
    • (3)負担割合
      県:2分の1、市町村:2分の1
    • (4)申請期限等
      令和3年2月28日まで居住する市町村長(PDF:62KB)に食の支給申請書を提出
    • (5)提出書類
  4. その他
    • (1)対象となる世帯には、山形県社会福祉協議会から申請書が送付されます
    • (2)申請は1世帯1回限りとなります
    • (3)単身世帯等で60kg未満の支給を希望する場合はお申し出ください
    • (4)申請時期に応じて、令和3年3月までの間に1~3回に分けて配送します