ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 病院・医療機関 > 医療機関・薬局における感染拡大防止等支援事業(医療分)

更新日:2021年3月1日

ここから本文です。

医療機関・薬局における感染拡大防止等支援事業(医療分)申請受付を終了いたしました

 ➡ 実績報告はこちら

新型コロナウイルス感染症の感染拡大と収束が反復する中で、医療機関・薬局等においては、それぞれの機能・規模に応じた地域における役割分担の下、必要な医療提供を継続することが求められています。

医療機関・薬局等において、院内等での感染拡大を防ぎながら、地域で求められる医療を提供することができるよう、感染拡大防止等の支援を行います。

補助の対象経費

感染拡大防止対策に要する費用

院内等での感染拡大を防ぎながら地域で求められる医療を提供するための診療体制確保等に要する費用(「従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費」は対象外)

 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A」(令和2年12月22日付け第10版以降)において、対象経費に関する記載が追加されていますので、以下のリンクからご確認ください。

申請手続き

申請手続きの流れは以下のとおりです。申請期間は令和2年7月20日から令和3年2月26日までです。

1 交付申請書の提出

2 補助金の交付決定・概算交付

3 実績報告書の提出

4 補助金額の確定

実績報告書には、経費の支出を証明する書類(領収書等)を提出していただきます。提出していただいた書類を確認した結果、対象経費として認められない等により支援金の減額(返還)になることがありますので、御留意ください。

 本県では、精算交付申請(支出済みの経費について領収書等を添付して申請する方法)は実施しておりません。すべての経費を支出済みである場合も最初に交付申請書を提出してください。

令和3年2月26日(金曜日)をもって申請受付を終了いたしました。

申請様式、申請マニュアル

申請書作成手順

  1. 申請書様式ZIPファイルをパソコン(デスクトップ等)に保存し、解凍する。
  2. 様式2-1の青色の欄に必要事項を入力し、「提出用ファイル出力」のボタンを押す。
  3. 申請様式を保存した場所と同じところに作成された提出用ファイルをオンライン、WEB申請システム等により提出する。

申請書様式(エクセルファイル)にはマクロが設定されており、Windows以外のオペレーティングシステム(OS)では正しく動作しない場合があります。
マクロが正常に動作しない場合はご連絡ください。

申請方法

山形県国保連ホームページ「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)について(外部サイトへリンク)

実績報告

医療機関等は、事業が完了した日から30日以内又は令和3年4月20日のいずれか早い日までに(※1)支援金に係る実績報告書(様式5と科目別内訳書)を作成し、事業に要した経費の支出を証明する資料(領収書等※2)を添付して、直接県(健康福祉企画課)に提出してください。

また、実績報告書の鑑(様式5)には押印をお願いします。

 

※1:補助金の交付決定の前に事業が完了している場合は、補助金の交付決定の日から30日を経過する日までに実績報告書を提出してください。

※2:「領収書等」は、以下の資料のいずれかになります。

  1. 経費の内容が記載されている領収書やレシート
  2. 領収書やレシートに経費の内容が記載されていない場合は、領収書やレシートに加え、経費の内容が確認できる請求書、納品書、又は契約書等
  3. 領収書やレシートがない場合は、経費の容が確認できる請求書、納品書又は契約書等に加え、支払が確認できるもの(振込記録、口座引き落としの記録など)

 

【参考】これまでの実績報告書における「よくある不備」と、それを防止する方法を、以下のとおりまとめましたので、実績報告書の作成の前にご一読ください

✖ 領収書等にある補助対象経費の金額と、様式5や科目別内訳書の金額とが一致しない

⇒ 領収書等の補助対象経費を合算するときなどで、計算誤りが見受けられます。十分な検算をお願いいたします。また、一つの方法として、取引業者毎に科目別内訳書を作成(例:〇〇商店分として1枚の科目別内訳書を作成)していただくと、確認がしやすく、計算誤りを防ぐことができます

✖ 科目別内訳書の作成・提出が漏れている

 ⇒ 上記からダウンロードしたファイルをよくご確認の上、必ず作成してください。

✖ 請求書や納品書のみが添付されている(支払の事実を確認できる書類がない)

⇒ 支払の事実が確認できませんので、上記※2(「領収書等」は~)をご確認いただき、必要書類を添付してください。

⇒ 領収書の金額が、補助対象経費とそれ以外の経費を含んだ総額である場合、請求明細が分かる請求書(金額が領収書と同一)などを添付し、補助対象経費の箇所に着色ペン等で「しるし」をつけてください。

✖ 令和2年3月以前に納品された経費が含まれている

⇒ 対象となる経費は、令和2年4月1日~令和3年3月31日までの経費です。

✖ その他:様式5でよくある不備

・実績報告者(管理者)の職名と氏名が、申請・交付決定時のものと異なっている

・「当初予定額」の欄に記載された金額が、申請・交付決定時のものと異なっている

・「差額」の欄などに記入漏れがある

✖ その他:領収書等の添付資料でよくある不備

・コピーした資料が薄く、経費の内容等が確認できない。

・明細などに「しるし」がなく、どれが補助対象経費であるか確認できない。

以上のような不備については、県から修正・差替等の連絡を行います。実績報告書の作成・提出にあたっては、写しを取って控えを保管してください。

 

実績報告書提出先

 

990-8570 山形市松波2-8-1 山形県健康福祉部健康福祉企画課 慰労金・支援金担当

その他

Q&A
厚生労働省通知
厚生労働省ホームページ

「医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援」について(外部サイトへリンク)

問い合わせ先

厚生労働省医政局 新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター(制度全般・交付対象等)

  • 電話番号 0120-786-577
  • 受付時間 平日の9時30分~18時

山形県健康福祉部健康福祉企画課(申請手続き等)

  • 電話番号 023-630-2218
  • 受付時間 平日の8時30分~17時15分(12時~13時を除く)