ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 6次産業 > 山形のうまいもの商品開発支援事業について

更新日:2022年4月26日

ここから本文です。

山形のうまいもの商品開発支援事業について

本県では、農林漁業者や食品製造業者等が連携して取り組む、県産農林水産物を活用した加工食品の新商品開発、既存商品のブラッシュアップの取組みを支援します。

対象者

1 加工品開発支援[伴走型支援]

(1)県内で食品の生産活動を行っている「農林漁業者」

(2)県内で食品の生産活動を行っている「農林漁業者」であって、「食料品製造業者」(県内に主たる事業所を有し、県内の工場で製造する「食品製造業者」)と連携するもの又は「食料品製造業者」であって、県内で食品の生産活動を行っている「農林漁業者」と連携するもの

(3)上記(1)又は(2)と連携する県内に主たる事業所を有する「卸売業者」又は「小売業者」

2 持続可能社会に向けた商品開発支援【R4新規】

(1)「食料品製造業者」(県内に主たる事業所を有し、県内の工場で製造する「食品製造業者」。小規模事業者を除く。)

対象となる取組み

県産農林水産物を使用した県内製造の加工品開発・改良の取組み

 

【持続可能社会に向けた商品開発の場合は、次のいずれかの要件を満たすこと】

ア環境保全型農業により生産された県産農産物(有機農産物、特別栽培農産物、エコファーマーが生産した農産物、GAP認証取得農産物)を使用すること。

イ食品ロスや包装資材など、廃棄物の削減につながるものであること。

補助対象経費

会議等開催費、調査検討費、新商品開発費・既存商品改良費

販路開拓費(※持続可能社会に向けた商品開発のみ対象。)

補助額

予算の範囲内で補助対象経費の2分の1以内又は50万円(補助事業が既存商品のパッケージの改良のみの場合は、20万円)のいずれか低い額

応募期間

令和4年4月26日(火曜日)~令和4年6月7日(火曜日)
申請書類提出先

 山形県農林水産部農業技術環境課[米・米粉食品開発担当](山形県庁9階)

補助要件等

  • 原材料として、県産農林水産物を使用すること
  • 商品の最終製造は、県内で行うものであること
  • 令和5年2月28日までに開発する商品の試作品を完成又は事業を完了させること

(加工品開発支援の場合)

  • 採択になった場合は、やまがた食産業クラスター協議会が実施する事前相談(1回)・個別相談(2回)において、商品開発に係る指導・助言を受けることが必須となります。
  • 事前相談経費として、45,000円(税込)の費用負担が必要となります。(山形県食品産業協議会会員の場合、助成制度あり。)

※その他詳細は、交付要綱及び公募要領等をご確認ください。

交付要綱及び各種様式等

(1)交付要綱(PDF:144KB)

(2)要綱別記様式第1号(ワード:47KB)

(3)要綱別記様式第2号~第7号(ワード:29KB)

(4)公募要領(PDF:184KB)

(5)要領別記様式第2号~第3号(ワード:23KB)

(6)事前相談・個別相談実施要領(PDF:95KB)

(7)様式1(事前相談・個別相談実施要領)(ワード:22KB)

(8)「山形のうまいもの商品開発支援事業」PRチラシ(PDF:212KB)

 

お問い合わせ

農林水産部農業技術環境課米・米粉食品開発担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号 

電話番号:023-630-3076

ファックス番号:023-630-2456