ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農業総合 > 西洋なし王国やまがたの女王「ラ・フランス」

更新日:2021年10月18日

ここから本文です。

西洋なし王国やまがたの女王「ラ・フランス」

山形県は、西洋なしの生産量が全国1位で全国の生産量の6割以上を占めています(令和2年)。特に、西洋なしの品種「ラ・フランス」は緻密な果肉、果汁の多さ、特有の芳香、そしておいしさから「果物の女王」と称されています。

「ラ・フランス」の歴史は古く、1864年にフランスのクロード・ブランシュ氏が発見し、そのおいしさに「我が国を代表するにふさわしい果実」と賛美したことから、「ラ・フランス」の名前がついたと言われています。日本には1903年に、山形県には大正初期に入りました。当時は缶詰加工が主流で、西洋なしを生で食べる習慣が無かったことや、栽培に時間と手間がかかることから、あまり人気がありませんでした。しかし、グルメブームや栽培技術が定着してきたことにより、栽培が本格化し、今では広く一般的に入手できるようになりました。

「ラ・フランス」は、収穫直後は硬くて甘みもなく、食べてもおいしくありません。そのため、収穫してから2~3週間、予冷という果実を冷やす管理と、追熟という熟成させる管理を経てから出荷することとしています。また、県・生産者・出荷団体等で構成される『山形県「ラ・フランス」振興協議会』では、その年ごとの生育状況を踏まえて、良質な「ラ・フランス」を消費者にお届けするため、全国一斉に販売を開始する「販売開始基準日」を設定する等、オール山形で取り組んでいます。

このような取組みが評価され、令和2年8月に「山形ラ・フランス」が、地理的表示(GI)保護制度(特定の産地と結びつきのある農林水産物の名前を「知的財産」として国が保護する制度)に登録されました。「山形ラ・フランス」が守る価値のある産品として国に認められたことにもなります。GI登録がきっかけとなり、さらに多くの皆さまに「山形ラ・フランス」の品質の高さとおいしさを知っていただけると期待しています。

山形県を代表する、果物の女王「ラ・フランス」を是非、御賞味ください。

 

ラフランス1ラ・フランス

 

 

西洋なしをもっとお知りになりたい方(外部サイトへリンク)はこちらから

山形のラ・フランス情報!はこちらから

「ラ・フランス」をおいしく召し上がっていただくために(PDF:217KB)

 

県やJAグループ等で構成するおいしい山形推進機構では、山形県の特産品や名産品など「山形のおいしいもの」をインターネット販売しているサイトも御紹介しています。

「山形のおいしいもの」をお買い求めの方(外部サイトへリンク)はこちらから

 

関連リンク

おいしい山形推進機構では、県産農林水産物の評価向上と消費拡大に向けた取組みを行っております。当機構のホームページにおいて、本県が全国に誇る農林水産物や特産物等の紹介しているほか、旬の農林水産物の情報を発信しています。

バナーおいしい山形推進機構(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

農林水産部6次産業推進課農産物流通販売推進室

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2221

ファックス番号:023-630-2431

右ナビ-管理ナビ