ホーム > くらし・環境 > 社会基盤 > 河川・ダム > 河川整備 > 吉野川における治水対策について

更新日:2020年10月12日

ここから本文です。

吉野川における治水対策について

平成25年7月、吉野川流域では昭和42年の羽越水害以来となる激しい豪雨に見舞われ、南陽市赤湯地区、宮内地区の市街地等において、家屋の浸水、農地・道路の冠水など、甚大な被害が発生しました。

この災害を受け、吉野川においては国の「災害関連事業」及び「河川災害復旧等関連緊急事業(復緊事業)」が採択され、緊急的かつ集中的に河川改修を行い、流域の治水安全度の向上を図ることとなりました。

しかしながら、平成26年7月、吉野川流域では前年を上回る豪雨に見舞われ、さらに大きな被害を受けたため、「災害関連事業」及び「復緊事業」ともに規模を拡大した内容に計画を見直し、平成26年と同等規模の降雨が生じても洪水被害が発生しないように河川改修に取り組んでいます。

このホームページでは、吉野川における治水対策の計画とその進捗状況をお知らせします。

 吉野川流域

過去の出水及び被害状況(平成25年7月豪雨)

平成25年7月豪雨の概要と被害状況

吉野川流域では、平成25年717日から18日、722日から23日にかけての2回にわたり大きな豪雨に見舞われました。特に717日から18日の豪雨によって、吉野川流域では、南陽市の金山観測所で累計122mm、時間最大30mmの雨量を観測しています。

これらの豪雨により南陽市赤湯地区や宮内地区等において、宅地や農地への甚大な浸水被害が発生しました。被害状況については、南陽市の被害状況調査、県による現地調査及び地域住民の聴き取り結果等を踏まえると、吉野川沿川で床下浸水1,446戸、床上浸水17戸、農地浸水151ha等の浸水被害が発生しています。

警察署、中学校近辺

南陽警察署通り

過去の出水及び被害状況(平成26年7月豪雨)

平成26年7月豪雨の概要

平成26年7月9日から10日にかけて発生した梅雨前線による豪雨は、戦後最大の出水であった平成25年7月豪雨を凌ぐさらに大規模な出水被害をもたらしました。吉野川流域の雨量は、南陽市の金山観測所で、累計雨量が232mm(平成25年:122mm)、時間最大雨量が52mm(平成25年:30mm)を観測するほか、花見橋水位観測所においては、観測開始以来最大であった平成25年7月の水位12.77mを上回る13.15mの水位を観測しています。

平成26年水位

平成26年降雨

平成26年7月豪雨の被害状況

この豪雨によって、上中流域では護岸欠損や河道閉塞等の施設被害、下流域の市街地では越水氾濫による浸水被害が発生しています。

被害状況については南陽市の被害状況調査、県による現地調査及び東北大学による出水状況調査等を踏まえると、吉野川沿線で床下浸水2,196戸、床上浸水161戸、農地浸水565ha等の浸水被害が発生しています。

被害状況1

被害状況2

被害状況3

事業内容

今回の豪雨により生じた甚大な被害を受け、吉野川においては、「災害関連事業」及び「河川災害復旧等関連緊急事業」によって、既往最大流量を安全に流下させる計画として事業を進めています。

上流の金山地区(L=1.8km)においては、計画流量を230立方メートル/sと定め、河道掘削を実施し、家屋、農地への浸水被害を解消します。

下流の赤湯地区~宮内地区(L=9.0km)においては、計画流量を270立方メートル/s(金山橋下流~屋代川合流点)及び510立方メートル/s(屋代川合流点~JR橋)と定め、流下能力が低く、家屋浸水等が発生した箇所について、築堤及び河道掘削、支障となる橋梁の架替え等を実施し、家屋、事業所、農地及び道路等への浸水被害を解消します。事業概要

現在の進捗状況

現在は、事業用地として必要となる範囲の用地測量・調査を進めるほか、架け替えが必要な橋梁・移設が必要な取水堰等の設計を行っています。

また、家屋の移転、用地買収の必要のない区間から、順次工事に着手しています。

河川整備工事

現在、河道の掘削工事を実施しています。

残土の搬出のため、事用道路として、国道13号と吉野川の間にある市道や農道をお借りすることとなりますので、地区の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

進捗状況の概要

吉野川復緊&関連だより

当事業について皆様にご理解いただけるよう、置賜総合支庁建設部河川砂防課県南豪雨災害復興推進室では「吉野川復緊&関連だより」を定期的に発行し、事業の進捗状況等をお知らせしています。

最新号及びバックナンバーはこちらからご覧いただけます

お問い合わせ

県土整備部河川課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2619

ファックス番号:023-625-3866