ホーム > 防災・安全 > こちら防災やまがた! > 防災情報 > 地震・津波・火山 > 地震 > 危険度判定 > 平成23年東日本大震災における応急危険度判定について

更新日:2020年10月20日

ここから本文です。

平成23年東日本大震災における応急危険度判定について

山形県では、平成23年3月11日の本震直後から判定士派遣の準備をしていましたが、建築物については津波や原発事故等により被災県から他県への判定士要請は延期されたため、4月7日の余震以降の要請に対して判定士の派遣を実施しました。

地震概要

  • 平成23年3月11日14時46分ころ発生
  • マグニチュード9.0 最大震度7
  • 三陸沖約130km 深さ24km

被災宅地危険度判定

  • 判定実施場所 宮城県仙台市太白区、青葉区
  • 判定実施日 平成23年3月25日(金曜日) ~ 3月29日(火曜日) 山形市2人、山形県5人
  • 派遣員数 3人/班 × 5日 = 延べ15人

判定結果 3月23日 ~ 4月3日までの9県56市町村における全体合計(( )内は山形県実施件数)

判定人員 延べ589人

判定結果
合計 危険 要注意 調査済
6,456件(45件) 1,450件(11件) 2,142件(12件) 2,864件(22件)
100% 22.5% 33.2% 44.3%

被災建築物応急危険度判定

第1次派遣

  • 実施場所 宮城県多賀城市、山元町
  • 実施日 平成23年4月15日(金曜日) ~ 4月17日(日曜日) 山形市2人、天童市1人、山形県12人
    平成23年4月16日(土曜日) ~ 4月18日(月曜日) 酒田市2人、鶴岡市2人、米沢市2人、新庄市1人、山形県5人
  • 派遣員数 2人/班 × 10班 × 3日 = 延べ60人
  • 判定結果(山形県実施件数)
判定結果
合計 危険 要注意 調査済
1,015件 120件 294件 601件

第2次派遣

  • 実施場所 宮城県東松島市
  • 実施日 平成23年4月21日(木曜日) ~ 4月22日(金曜日) 村山市2人、東根市2人、山形県3人
  • 派遣員数 2人/班 × 3班 × 2日 = 延べ12人
  • 判定結果(山形県実施件数)
判定結果
合計 危険 要注意 目視支障なし
1,619件 18件 31件 1,570件

地震よりも津波による被害(床上浸水等)が大きい地域のため、道路からの目視により建築物に被害が見られたもののみ詳細調査を行った。

判定結果 10都県149市町村における全体合計

  • 判定人員 延べ8,541人
判定結果
合計 危険 要注意 調査済
95,381件 11,699件 23,191件 60,491件
100% 12.3% 24.3%件 63.4%

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課建築安全推進担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2640

ファックス番号:023-630-2639