ホーム > 防災・安全 > こちら防災やまがた! > 防災情報 > 支援・助成 > 令和2年7月豪雨の被災者に対する県営住宅の無償提供について

更新日:2020年10月27日

ここから本文です。

令和2年7月豪雨の被災者に対する県営住宅の無償提供について

山形県では、令和2年7月豪雨により被災された方を対象に、県営住宅を無償で提供いたします。

1入居対象者

令和2年7月豪雨による被災者で住宅に困窮している方。原則として、被災地の市町村が発行する罹災証明書を有している方(または、それらの証明書を後日準備できる方)。

2提供可能な県営住宅

3提供期間

令和3年3月31日まで

4家賃等

  • (1)家賃、敷金、駐車場使用料は全額免除します(駐車場は1台分利用可能です)。
  • (2)保証人も免除します。
  • (3)電気・ガス・水道などの光熱水費、共益費等は入居者の負担となります。
  • (4)犬、猫、その他動物(ペット)の飼育は禁止いたします。
  • (5)家電、家具及び照明器具の備付けはありません。

5入居のために必要な書類

  • 県営住宅一時使用許可申請書(様式1号)、誓約書(様式2号)、緊急時連絡先届出書(様式3号)
    【様式1号~3号】(ZIP:11KB)(←MicrosoftWord文書をダウンロード、)
  • 被災地の市町村が発行する罹災証明書
    ※申込み時に罹災証明書の提出ができない場合は、運転免許証の写し、健康保険証の写し等、被災時の住所が確認できる書類を提出していただき、後日、罹災証明書を提出していただきます。

6申込み方法等

  • 電話での申込み受付順に入居者を決定します。
  • 受付期間:令和2年8月4日(火曜日)から(土・日・祝日を除く)午前8時30分~午後5時15分
  • 受付窓口:山形県庁建築住宅課安心居住推進担当(電話:023-630-2649、2641、2154)
  • 電話で申込み後に、上記書類(様式1号~3号)を提出していただきます。(FAX:023-630-2639)

7必要書類提出後、入居までの流れ

  • 提出していただいた必要書類の内容を確認した後に、各住戸を所管する下記の各総合支庁建築課の担当の方から、必要書類に記載いただいた電話番号へ連絡をいたします。
  • 各総合支庁建築課の担当と、入居可能日、鍵の引き渡し日等について打ち合わせをしてください。
  • 各総合支庁建築課へ来ていただき、県営住宅での生活について説明を受けていただきます。
  • 「行政財産使用料免除申請書」等に必要事項を記入していただいた後に、住戸の鍵をお渡しします。

(1)「村山地方」の県営住宅を所管する事務所

村山総合支庁建設部建築課〒990-2492山形市鉄砲町二丁目19の68電話:023-621-8271

(2)「置賜地方」の県営住宅を所管する事務所

置賜総合支庁建設部建築課〒992-0012米沢市金池七丁目1の50電話:0238-35-9054

(3)「庄内地方」の県営住宅を所管する事務所

庄内総合支庁建設部建築課〒997-1392東田川郡三川町大字横山字袖東19の1電話:0235-66-5638

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課安心居住推進担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2649

ファックス番号:023-630-2639