ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 食育・食と健康 > 令和元年度給食施設栄養管理状況報告書のまとめ

更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

令和元年度給食施設栄養管理状況報告書のまとめ

給食施設栄養管理状況報告書のまとめ

「給食施設栄養管理状況報告書」につきましては、山形県健康増進法の施行に関する規則(平成17年3月県規則第5号)に基づき、毎年12月に各給食施設に提出を求めているところです。(その年の11月現在の状況を記載)

令和元年度の内容についてまとめましたので、ご活用ください。

まとめ

1.危機管理対策

  • 食中毒マニュアルは、全体で高い整備率を保っていた。
  • 災害時マニュアルは、病院は100%、高齢者施設は84.2%と高い整備率であったが、保育園や社会福祉施設では約70%と低いため、今後、不測の事態に備えた整備が必要となる。

2.チーム医療

  • 前年度と同様に、病院・高齢者施設等において、褥瘡(じょくそう)対策への管理栄養士参画率が50.7%と最も高く、次いで、栄養サポート、院内感染、摂食・嚥下の順で管理栄養士の参画率が高い。

3.栄養管理等に関する連携体制

  • 病院において、連携体制を整えている割合が81.3%と高い。また、病院においては医療機関・福祉施設との連携の割合が高い。
  • 病院は退院時、高齢者施設は入所時に前施設との連携が多い傾向にある。

4.約束食事箋の最終改正

  • ほぼ全て病院・高齢者施設が2015年度以降に約束食事箋の最終改正を行っていた。日本人の食事摂取基準が2020年版として改訂になるため、各施設で再度設定を見直していく必要がある。また、児童福祉施設・社会福祉施設等も同様に、日本人の食事摂取基準(2020年版)をもとに、施設における給与栄養目標量を見直す必要がある。

5.生活習慣の把握

  • 児童福祉施設において、アレルギーについて把握している施設は91.9%。平成31年4月には「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」が改訂されており、今後も、保育現場における、アレルギーの適切な管理が重要となる。

詳細はこちら

令和元年度栄養管理状況報告書のまとめ

お問い合わせ

村山総合支庁保健福祉環境部地域健康福祉課健康増進担当

住所:〒990-0031 山形市十日町一丁目6-6

電話番号:023-627-1183

ファックス番号:023-622-0191