ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 2021年 > 11月 > 主要地方道 真室川鮭川線『栗(くり)谷沢(やざわ)橋(ばし)』の開通について

更新日:2021年11月17日

ここから本文です。

主要地方道 真室川鮭川線『栗(くり)谷沢(やざわ)橋(ばし)』の開通について

発表日2021年11月17日(水曜日)
部局・担当課 最上総合支庁 建設部道路計画課 電話番号0233-29-1392

2021年11月17日(水曜日)

主要地方道 真室川鮭川線は、真室川町大字及位を起点とし、鮭川村大字日下に至る延長28.7kmの県道です。

 栗谷沢橋は、昭和34年架橋(橋令62年)の橋梁であり、主桁や床版の腐食など劣化が著しく進行していました。また、災害時の緊急輸送道路に指定されているものの、荷重制限(14t)していることから、物資輸送等の大型車の通行ができませんでした。このため、平成23年度から橋の架け替えを行い安心・安全な道路を確保する道路改良事業を進めてまいりました。

 このたび、栗谷沢橋(115.8m)が完成し、その前後を含む670m区間を開通する運びとなりましたのでお知らせいたします。多くの方々にご利用いただけるよう、周知にご協力お願いします。

1 今回の供用について

(1)供用開始日時 令和3年12月4日(土曜日)午後2時

(2)供用箇所 主要地方道 真室川鮭川線(最上郡真室川町大字川ノ内 地内)

(3)供用延長 L=670m(うち栗谷沢橋L=115.8m)

2 全体事業概要について 

(1)事業期間 平成23年度~

(2)事業延長 L=1,570m

(3)道路幅員 W=6.0(8.5)〔11.0〕m

(4)総事業費 約20億円

詳細は下記資料をご覧ください。

プレスリリース資料(PDF:387KB)